お正月の楽しみといえば、「お年玉」だろう。「おじいちゃんからの分はゲームに使って…」と、「取らぬ狸の皮算用」に私はいつも真剣だった。そして、いざお年玉をもらうと、そそくさとトイレに駆け込む。無論、中身を確認するためだ。「お正月時の子どものトイレ利用率」などという統計を総務省が取れば、おそらく通常時の1・5倍増という結果が出るのではないだろうか。

 ところが最近、私自身が甥や姪にお年玉をあげる立場になった。中身の確認のためだけではなく、「お年玉をあげたくない大人だって、お正月にはトイレに駆け込むんだぞ」ということを、この場をかりて、全国の子どもにお伝えしたい。
(東京編集局・小熊広宣)



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。