『カナリアたちの警鐘』 野村俊幸著


 わが子が不登校になったとき、親として何ができるのか、またどう対応したらいいのか。そんな親の悩みについて、担任やスクールカウンセラーはもちろん、全国各地にある教育支援センターなどでも相談に乗ってくれる。
 
 しかし、「子育てに問題があると言われた」「親が本気でがんばらないとダメだと責められた」など、悩んでいるから相談に行ったのに、かえって傷ついたなんて話をしばしば耳にする。残念ながら、種々の資格を持っているからといって、不登校に精通しているとはかぎらない。

 



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。