今回の子どもインタビューは、「東京シューレ柏の葉」に通う奈良岡裕貴くん(15歳)。不登校のいきさつや、いま夢中になってることについてうかがった。

――不登校はいつから?
 中学校1年生の9月ごろだったかな。きっかけは、小学2~5年生くらいまで、いじめられてたこと。「キモイ」とか「ウザイ」とか、言葉によるいじめがほとんどで、1日何回か言われる程度なんだけど、毎日続くからだんだんつらくなってきて。でも、「義務教育っていうのは学校に行かなきゃいけない義務なんだ」って思いこんでいたから、ガマンして通ってた。それに、「学校に行かないとおいていかれる」っていう不安もあったし。

――具体的にはどんなことが不安でしたか?
 勉強においてかれるっていうのはもちろんなんだけど、なんて言うのかな。うまく言えないんだけど、社会全体においていかれちゃうって感じで、本当に漠然とした不安だったんだよね。やっぱり、まわりの友だちはほとんど学校に行ってたから。

――小6からは?



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。