10周年座談会を機に、教育の本質をめぐる討論が続き、とても勉強になっています。そのひとつ、「教育の多様化」をめぐる問題は「21世紀の不登校問題」を考えるうえでとても重要な課題ですが、「多様化」が論じられること自体、教育の世界が「閉ざされた社会」であることを象徴しているように思います。

 そもそも、6歳になったら「お上」の決めた小学校に入学し、6年経ったら中学校に進み、3年後に高校受験で「人生の進路」を左右されるというシステムは、一体誰のためにあるのでしょうか?

「学区自由化」の動きはありますが、これは公立学校のどれかを選ぶだけです(選べないよりいいですが)。一方、私立小学・中学の「お受験」は過熱気味のようですが、それも一定の経済力のある家庭にかぎられています。つまり、どちらもすべての子どもや家庭にとって「選択の自由」にはなっていません。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。