Q.わが家は父親、父親の母、大学生の姉、不登校の中3の息子、私の5人家族です。私は知人のすすめで地域の親の会に行くようになり、登校させたいと焦る気持ちも変わってきました。しかし、父親は「いつまで待ったらいい」「学校へ行くのは子どもの仕事だ」と顔を見れば説教します。最近は「高校受験をどうさせるんだ?」と私に詰め寄り、それを父親の母も加勢してくるので、苦しくてしかたありません。息子はいまでは自室にこもり、進学の気持ちを聞くこともできません。どうしたらいいのでしょうか?


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。