この映画を知ったきっかけは、渋谷にある小さな映画館だった。偶然、外国の社会派映画を見た帰りに見つけた1枚のビラが衝撃的だった。その名は『フツーの仕事がしたい』。

 ビラに書いてある言葉は今の社会問題のフレーズが書かれている。現在、大学4年生で社会へ出る間近の私にとって、とても他人事ではなかったテーマだったので見ることにした。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。