福田首相が辞意を表明しました。国民のために辞めたと言っていますが、その行動は自分の前に立ちはだかった問題を克服しようとしないで逃げています。努力をすればいまだどうにかなるのに、国の運命を担う総理大臣が逃げ出しても、誰も止めようとはしません。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。