『学校をやめます~51歳・ある教員の選択』
湯本雅典著 合同出版2008年

 近年、不登校やいじめといった事柄が学校現場において問題となっているが、それらはけっして子どもと子どもとのあいだに起こる問題とはかぎらない。

 にもかかわらず、教師が抱えるこうした問題は表に出てくることが少ない。この本は、そうした教師たちが抱える問題の一端と真正面から向かい合い、赤裸々に語ったものである。

 著者の湯本雅典氏は26年間、東京都の公立小学校で勤めたベテラン教師である。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。