夏休みをふり返ると、私にとっては、佐賀、長崎、水俣と東京シューレの子どもたちと旅ができたことは生涯忘れ難いだろう。

 佐賀には、今年で19回目の参加となる不登校をテーマとする全国合宿に行ったからだ。終了後に、シューレの夏合宿として、「佐賀まで行くなら、長崎、水俣まで足を運ぼう」との企画が実った。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。