【質問】
 中学生の娘が不登校をして以来、悩んでいることがあります。私の職場の同僚に娘のことを話すべきか否か、ということです。
 
 現在の職場はまだ働き始めたばかりなのですが、今後のことを考えると、娘の不登校について、話しておいたほうがいいのか、それとも聞かれるまで黙っていたほうがいいのか悩みます。また、話すとしてもどの程度まで話せばよいのか。ほかのご家庭のみなさんは、どのように対応してらっしゃるでしょうか? 具体例などあれば教えてください。

【回答】
 お昼休み、「来年、高校受験なのに、ちっとも勉強してなくて」「うちもそうなのよ」というように、おたがいの子どものことが話題にあがることがあります。また、あいさつ代わりに「お子さん、いくつ?」なんて話から話題が広がることも。でも、子どもが不登校の場合、学校関連の話題に入っていくのがしんどい時期もありますし、かといって適当に受け流し続けるのもどうかと悩みます。
 
 では、どうしたらいいのか。こういう場合、先輩に聞くのが一番の近道です。そこで今回、「不登校新聞」の読者であり、かつて不登校の子どもを持つ母親だった4人のお母さんによるミニ座談会を開催、お話をうかがいました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。