「ひきこもりUX会議」の打ち合わせのようす。写真右端:石崎森人

 11月30日、イベント「ひきこもりUX会議~ひきこもり支援 当事者8人からの実用的な提案」を全国不登校新聞社ら5者共催で開催する。イベントの運営者の1人、石崎森人さんにその思いを執筆いただいた。

  ひきこもっていた当時、精神科病院に通っていれば、いつかよくなると思っていた。そこしかないと思っていた。ただ、そこで指導されることは、対症療法的であり、根本的な解決にはならなかった。
 
 「朝がダルくて、起きられない」と訴えれば、朝起きやすくなるとされる薬を処方される。「早く寝なさい」「眠れないから寝る前に悩むのはやめなさい」「日中起きてないから夜眠れないんだ」などなどのアドバイスをもらったが、それができたら最初から悩まない。
 
 ある日、たまたま病院の壁に貼ってあったグループカウンセリングの集会を知り、自分のように出口が見えない人たちの受け皿が病院以外にもあることを知った。考えてみれば、ひきこもっているときに、ひきこもり支援についてネットで検索をかけることは怖い。外出も病院やコンビニぐらいしかない。部屋にテレビはないし、新聞は親のところにある……。どんなに支援があっても、情報は届いてこない。
 
 そこから、ワラをもすがる思いで、さまざまな団体、機関をめぐった。ハローワーク、サポートステーション、カウンセリング、デイケアなどなど、病院も含めると17機関以上にもなった。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。