5000円でパソコンが購入できる寄贈プログラム「リユースPC寄贈プログラム」がNPO間で注目を集めている。主催団体は認定NPO法人イーパーツ。
 
 イーパーツでは企業から寄贈されたパソコンを再生し、NPOや任意団体に寄贈している。
 
 特徴は一般的な助成とはちがい使用目的に「事務作業の効率化」が含まれていること。つまり「事務所にパソコンがない」あるいは「事務所にパソコンが足りないのでほしい」という希望も寄贈対象となるため、多くのNPO団体がその対象に入る。
 
 リユースPC寄贈プログラムは3カ月に1回程度、寄贈プログラムを実施。昨期は1000台のPCを寄贈した。パソコンにはWindows7、Office2010などが搭載されているほか、オプションで4ギガバイトのメモリー増設、液晶モニタも数千円で購入可能。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。