11月15日は「七五三」である。「七五三」とは、子どもがそれぞれ7歳、5歳、3歳になったことを祝して、健康を祈ってお祝いする行事である。地方によっては数え年にしたり、満年齢で行なうところもある。。

 江戸時代に始まったとされ、それまでの日本は、現在の開発途上国と同様に、栄養不足や公衆衛生の低下、貧困問題などで、乳幼児が成人に達するまでの生存率はきわめて低く、そのようなことから乳幼児の生命を祝う節目としての七五三が定着したという説もある。また子どもの厄年として厄払いをしている地方もある。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。