僕が不登校新聞にかかわり始めたのが2009年の春。それから5年経って、そのころ260号台だった新聞がついに400号を迎えました。
 
 なんだか、あっという間のようだけど、思い返せばいろんなことがありました。とくに2012年の休刊危機。減り続ける発行部数に「自分たちの活動は必要ないのではないか」という不安と闘いながら、それでも活動を続けてこられたのは、「なくならないで!」と励ましていただいた読者のみなさんがいたから。おかげで持ち直し、今ではなんとか発行を続けられる状態です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。