2015年が明けた。新しい年の活動がいろいろ始まっている。人は絶望のなかでも希望を持つことができる存在である。「希望なんて持てる状況じゃないよ」、それもわかる。けれど複眼で見てほしい。希望の種はあちこちにあるんじゃないかと思う。それを育てたい。

 見つからないのは、陰に隠れているのかもしれない。本当にないなら、種をまくこともできる。それぞれの希望を大切に1年を歩ければうれしい。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。