不登校・ひきこもり当事者が最初にぶつかる社会のカベ、それが「バイト」。今後、数回にわたり、不登校経験者と本紙スタッフが「バイトと不登校」をテーマに連載します。当然ですが、本連載は「不登校なら働きなさい」という趣旨の企画ではありません。逆です。アルバイトを始めなくても、あるいは始めようとしたとき、読んで気持ちが楽になることを目指した企画です。

 バイトを始める前に絶対に知っておきたい情報、それは「バイトってどうしたら辞められるのか」。はじめた後で「やっぱ無理!」ってなることが怖くても、辞める方法があらかじめわかっていれば、バイトを始めやすいというものだ。
 
 ちなみに、『不登校新聞』の購読を申し込んでくれている方の多くも、最初に「購読中止の方法」をチェックしている(笑)。
 
 本紙では、330号と333号にそれぞれ「バイトを穏便に辞める方法」、「バイトを強引に辞める方法」を掲載した。不登校経験者が、自身の苦い経験から書いてくれた貴重な教えだ。以下に紹介しよう。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。