親どうしがつながることで生まれる偶然



 「アーベルの会」は、札幌にある不登校の子どもをもつ親の会です。あるとき、北海道大学の横湯園子先生のお話を偶然聴いたことから、数人の親たちで1995年に会を発足しました。現在は親たちだけで札幌駅近くで月に一度例会を開いています。

 例会は小中高で不登校をしている子どもの保護者を中心に、OBの親たちや事務局で構成されています。いま困っている参加者自身に元気と自信を取り戻してほしい。そのために例会は安心して本音を語れる場でありたいと願っています。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。