1月14日、政府は閣議で一般会計の総額を96兆3420億円と決定。これにより来年度の予算案が決定した。概算要求時、約1億円だった「フリースクール等への支援策」は減額されることになった。
 
 閣議決定された予算案では「フリースクール等に関する検討会」は800万円(概算要求時4400万円)。「フリースクール等への調査研究委託事業」は0円(概算要求時5400万円)。同事業は「いじめ対策等総合推進事業の調査研究委託事業」に統合されるかたちとなった。
 
 いじめ対策等総合推進事業の委託事業の予算は8300万円(前年比3900万円増)。委託事業は、フリースクールだけでなく、いじめ、子どもの貧困に取り組むNPOや地方公共団体など22カ所に委託される。
 
 文科省は今回の減額について「財務省との折衝のなかで予算縮小を余儀なくされたが、なんとか予算を残すことができた」と語っている。(石井志昂)