これまで「食べるいのち」では4度の孵化を試みてきた。1度目の孵化挑戦は本紙299号に掲載されたが、2度目の孵化挑戦は、わが家で行なうことになった。

 卵を受け取った日のことは忘れもしない。池袋駅で企画立案者・田場寿子ちゃんと待ち合わせをし、マクドナルドの袋に入った卵をゲット。孵卵機「リトルママ」に電源をいれ、卵をセット。「念のため……」と思い、孵卵機の状況を寿子ちゃんに伝えると「それ、うまく起動してないよ」とのこと。とまあ、そんな感じですったもんだのあげくに孵化開始。あとは生まれるまで何もすることがない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。