わが家はいわゆる核家族で、祖父母は九州と離れて住んでいます。小さいころは年に2度程度会っていたものの、生来人見知りなもので、どこか『お客様』のような感覚で緊張したものです。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。