どろんこクラブは札幌を拠点に、学校不適応・LD・ADHD・自閉症・発達障がいなど集団になじみにくい児童に対し、フリースクール・学外活動のサポートなどを行ない、子どもたちが地域で多くの人たちに出会い、さまざまな経験を積み健やかに育っていくための支援を行なっています。
 
 私はどろんこクラブに入社して2年目ですが、これまでいろんな子どもたちと関わってこれました。今回はフリースクールに通っていた一人の女の子の話を紹介します。
 
 女の子は当時小学3年生。発達障がいを抱え、勉強や友たちとの関係がうまくいかず、不登校気味となりました。ただし好きな授業や行事には登校し、それ以外の日はどろんこのフリースクールを利用していました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。