自分たちで創る学校




 フリースクールから「学校」を創ることになった。しかし、どうやって創るのだろう。何もかも初めてである。必要なことを根気よく積み重ねていくしかない。そして、子どもにとってどうか、を忘れちゃいけない。
 
 学校なんて、誰でも知っている気になる。みな、小・中学校を経験し、多くは高校にも行き、親もPTAで出入りしている。私は、学校のなかで22年間も働いていた。しかし、用意された器のなかで、与えられた仕事をこなしていたにすぎなかった。もちろん創造的な授業をし、型破りな学校経営をし、評価を変え、ということをいろいろやっていたけれど、器のなかであった。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。