北海道沼田町にて講演会「不登校・ひきこもりの理解を深めるために」が開催される。

 講師は社会福祉士、精神保健福祉士の野村俊幸さん。野村さんは2人の娘さんが不登校を経験。不登校と向き合ってきた日々をふり返り「娘の不登校がなければいまの自分はなかった」と言う。これらの経緯や経験を著書「わが子が不登校で教えてくれたこと」(文芸社)にまとめた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。