4月14日、「不登校に関する調査研究協力者会議」と「フリースクール等に関する検討会議」との合同会議が開催された。合同会議には不登校経験者と保護者へのヒアリングも行なわれた。協力者会議に当事者が呼ばれたのは初めてのこと。当事者へのヒアリングは奥地圭子委員が第1回「フリースクール等に関する検討会議」で必要性を訴えていた。
 
 なお、4月21日に開かれた「不登校に関する調査研究協力者会議」で中間報告骨子案が公開された。4面に詳細と解説記事。
 
 合同会議に登場した不登校経験者は2名、保護者は3名。ともにフリースクールまたは適応指導教室を利用した経験を持つ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。