~東京シューレ 震災プロジェクトチーム~



心に残った一言「忘れてしまうことが一番怖い」

 シューレ大学では毎月、石巻、女川に被災地支援に通っています。被災地支援の一つは学習ボランティアです。学習ボランティアは現地NPOのスマイルシードから呼びかけがあり、始まりました。女川は今回の地震でもっとも大きな津波が襲った地域です。そのため、学校再開も遅くなったり、学校が始まっても勉強時間が十分に確保できなかったりしたため、進学サポートを必要とする子どもたちがいます。そのお手伝いをするのが学習ボランティアでした。ただ、私たちが担当した仮設住宅では対象の子どもがあまり多くなく、また、子どもの進路が決まったため、秋には終了しました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。