「学校への電話連絡」で悩んだことはありませんか?
たとえば、学校を休ませる際にかける電話もその一つ。「親としての義務感から、毎朝がんばって電話している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 しかし、朝の忙しい家事の合間をぬって学校に電話するのは、時間的にも精神的にもたいへんです。最初はよくても、何カ月か続けているうちに電話をかけること自体がおっくうになり、気持ちもクタクタになる。朝が来るたび、憂鬱な気持ちになってしまいます。
 
 こんなとき、ほかの家庭ではどうしているのか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。