制度があっても、人が使うもの。制度ができればすべてうまくいくということはない。しかし制度がないと橋を渡ることさえできない。

 公立中3年の女の子のお母さんから「とても困っている」という電話があった。その子は不登校。フリースクールに通っている。「フリースクールの出席は学校の出席日数にカウントしてよい」、「通学定期も適用できる」という制度になって22年が経つ。

 しかし、その子の通う学校長は認めない。何度、親が話をしてもダメ。子どもは「落ち込んでいる」と言う。私は「校長が『認めない』という根拠を文章でもらってきてください」と親に頼んだ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。