2015年5月27日に「フリースクール等議員連盟」が発表した法案(座長試案)。目的は、年齢、国籍を問わず、義務教育を十分に受けていない者に対し、教育を受ける機会を確保すること。 夜間中学校の環境整備や学校以外の場での学習を義務教育としてみなす制度の創設などを想定し、つくられた。試案によると、学校以外で学ぶことを選んだ場合、保護者が「個別学習計画」を作成。個別学習計画は教育委員会が新設する「教育支援委員会」などが審査・認定し、修了認定を発行。これにより保護者は就学義務を履行したものとみなされる。