親は笑っていればヨシ!vol.3


 K書店の担当編集者のF君が「ぼくは中学、高校と不登校で通し、大検をとって大学に入りました」と言うので、話を聞いてみました。
「どうして学校に行かなかったの?」
 
「うちの場合、姉も不登校だったから、家にいることにあんまり抵抗がなかったんです。小学校のころからどうして学校に行かなくてはいけないのか、その理由がよくわからなくて、みんなが行くから行くっていうのがどうも釈然としなかった」
 
「でも、家にいるより学校にいるほうが楽しくない?」


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。