2015年6月6日に行なわれた不登校大学「不登校への対応」の講演録を掲載する。講師は、精神科医の明橋大二さん。「不登校への対応」を中心に、専門的知見に富む講演となった。

 「不登校への対応」についてお話する前に、そもそも不登校とはどういう状態なのか。私は「心身の疲れ(オーバーヒート)により、心のサーモスタットが作動した状態である」と考えています。サーモスタットというのは、機械そのものが壊れないために、内部の温度を調整する装置のこと。温度が高まれば回線を切って冷却し、下がれば再び回線をつなげる。そのメカニズムによく似た機能が、私たちの心身にも備わっている。つまり、不登校とはきわめて自然かつ生理的な現象であり、生体の自己回復力の表れと言えるのではないかと思います。
 
 不登校を「わがまま、怠け」と誤解している人が今も少なくありませんが、そうではありません。わがままとは、マイペースという意味です。本当にマイペースにすごしているならば、子どもがつらい思いをするはずがありません。むしろ、マイペースにできず、まわりの期待に応えるべくがんばりすぎてオーバーヒートしてしまった結果、学校に行けなくなった子が少なくありません。けっして怠けではないんです。


 
 『学校に行かなければ死なずにすんだ子ども』という石坂啓さんの本がありました。私自身、「不登校できていたら、どんなに楽だっただろう」と思う子どもを何人も診てきました。不登校できずに精神疾患を抱える、または自殺を図る。そこまで子どもを追いつめないために、また自らの心と身体を守るために、学校に行かないという選択は必要なんですね。
 

親にできること

 
 そのうえで、親にできることは何か。端的に言えば「マクロな見方にこだわらない」ということです。親はえてして「学校に行く行かない」ということにこだわります。実際、「不登校になって1カ月経ちましたが、何も変わりません」とおっしゃる方も少なくありません。たしかに「行く行かない」にかぎって言えばその通りです。しかし、よく話を聞いていくと「自室にこもっていたのがリビングに降りてくるようになった」「笑顔がまったくなかったのに、最近はテレビを観て笑っている」という。こうしたミクロな変化をいかに見逃さないかということが大事です。そのためには、「不安な子どもをこれ以上不安にさせない・追い詰めない」「休んでいる現状を肯定的に捉えること」、この2つを基本姿勢として心掛けていただけたらと思います。
 

昼夜逆転は?家庭内暴力は?

 
 子どもが家ですごすようになると、気になる行動がいろいろ出てきます。「昼夜逆転」はその代表例でしょう。はっきり言います、「昼夜逆転」は何も心配いりません。なぜなら、不登校の原因ではなく結果だからです。不登校している子どもにとって一番つらい時間帯は「午前中」です。みんなが学校に行っている時間に自分だけ行けない。その現実をつねに突きつけられるわけですから。逆に、一番楽なのは「夜中」。家族が寝静まり、焦りも和らぎ、ゲームなど好きなことに興じることができるのです。「生活リズムを整えるため、学校へ行かない日も朝はかならず起こしてください」なんてアドバイスは、あまり意味がありません。先ほどもお話したように、原因でなく結果です。そして、きちんと休み、元気になった子どもはみな、きちんと朝起きられるようになりますから、何も心配いらないのです。
 
 もう一つ、「家庭内暴力」について。これは暴力の向かう対象が物か人かによって、取るべき対応は異なります。物である場合、基本的には仕方のないことと考えて構いません。壊れて困る物があれば事前に避難させておけばいいし、落ち着くとともに、そうした衝動的な行動もしだいに減っていきます。
 
 しかし、人(親)への暴力に関しては、事情は異なります。親を殴ることで、子どもはかならず罪悪感にとらわれます。つまり、物にあたる場合とちがって、けっしてストレス解消にならないんです。むしろ、その関係が続けば続くほど、親子ともども、つらくなるだけです。専門家のなかには「甘んじて受けいれろ」なんていう人がいますが、これは誤りです。親も人間です。暴力からは自分を守っていいし、場合によっては子どもから離れることも大事です。
 
 次に、「不登校の回復」について考えます。不登校すると、多くの場合、子どもの自己肯定感は下がり、自分の気持ちを周囲に伝えづらくなってしまいます。結果、本人と周囲のあいだに「心のパイプ詰まり」が生じます。つまり、「不登校の回復」とは、自己肯定感を回復するなかで「心のパイプ詰まり」を解消することであり、そのプロセスは4段階に分けられます。
 
 第1段階は「パイプがかろうじて通じたとき」です。この時期、子どもは自分の気持ちを言葉でなく、頭痛や腹痛などの身体症状、あるいは「暴れる」とか「リストカット」などの行動・症状として出してきます。ここで大事なことは、その訴えを大切にしてその背景を考えること。叱ったり、突き放したりして症状を無理に抑え込もうとすると、そのときは、いったん症状は収まるかも知れませんが、あとになってもっとたいへんな症状として出てきます。
 
 第2段階の「パイプがかなり通じてきたとき」では、溜まったヘドロが噴出するかのごとく、子どもがそれまで心に溜めこんでいたものが出てきます。とことん甘えてくる子もいれば、怒りとしてぶつけてくる子もいて、ときに親子間での激しいバトルになります。どちらにしても、これにとことん付き合うことで、親の愛情は確実に子どもに染み込んでいきます。「こんな自分でも親は見捨てなかった」という実感が「自分も愛されているんだな、生きてていいんだな」という自己肯定感の土台になっていきます。


 
 第3段階「パイプがほとんど通じてきたとき」に至ると、感情の起伏は緩やかになり、何でも話してくるようになります。今まで身体や行動の症状として出ていた訴えが、言葉として出てくる。これを「言語化」と言います。この時期、子どもからは、過去のいじめ・体罰など学校に関する話から、「お母さんはあのときにこう言った」なんて話まで出てきます。親としては、初耳の話もあれば、とうに忘れてしまったことまで出てくるので戸惑うかもしれませんが「言語化」を通じて一つ一つ吐き出すことで、子どもの心は軽くなっていくんです。
 
 最終段階が「パイプが完全に開通したとき」です。子どもは落ち着き、親子関係も安定し、信頼関係でつながれていることを実感できます。その証拠に、子どもは親とあまり話をしなくなります。そこだけを見ると、第1段階と似ているようですが中身は異なります。いざというときには話ができる親子関係を土台として、子どもは自立していくということです。不登校するきっかけについては多様ですが、心が回復し、元気を取り戻していくプロセスを考える場合、この4つの段階は、わりと一般的なルートではないかと思います。
 

"完璧な子育て”なんてできません

 
 最後に、かならずお話しておかなければならないことがあります。それは、親のサポートです。親はなぜ、わが子を責めてしまうのか。それは「過保護」「愛情不足」といった周囲の否定的なまなざしによって、親自身も責められているからです。完璧な子育てなんて、できません。「あれはよくなかったな」と思いつくことが誰しも一つや二つあるはずです。とはいえ、親の育て方、またその良し悪しで、子どもが不登校になるわけではありません。学校の雰囲気、友だちや先生との関係、子ども自身の性格など、さまざまなことが複合的に重なってのことなのです。
 
 ですから、親のサポートに何が必要かと言えば、それは敬意です。人一倍わが子を心配し、つねに味方として寄り添うために必死にがんばっている親御さんをねぎらうこと、これが何より大事だと思います。私は毎月1回、富山で親の会を主宰しています。親の会でのやり取りはカウンセリングよりもはるかに力がある、そう感じることも多々あります。私たちは職業柄、「こうしたらいいよ」とつい言ってしまうんです。しかし、そんなアドバイスより、「私もそうだった、その気持ちわかるよ」と誰かがいっしょに泣いてくれることが親の安心感につながって力になる。そんな場面に幾度となく出会いました。
 
 子どもの自己肯定感を育むことはとても大事です。でも、それはお母さんも同じことです。あまり「お母さん、お母さん」と言うと「お父さんはどうなるんだ」という声が聞こえてきそうですが、もちろんお父さんもがんばっていますよ(笑)。子が宝なら、親も宝、そのことを大事にしていくべきだと私は思います。(抄録)


NPO法人「子どもの権利支援センターぱれっと」

 明橋大二さんが理事長を務める「子どもの権利支援センターぱれっと」では、不登校・ひきこもり・子育てなどに悩む子どもと親を支える活動を長年続けている。
 
 おもには「子どものフリースペース」「来初相談」「相談掲示板」(ネット上の居場所)のほか、明橋さんがアドバイザーを務める「親の会」など。詳しくは下記まで。
 
      *  *  *
 
〒939-0341 富山県射水市三ヶ3652-2
(最寄駅:JR「小杉駅」)
TEL:080-3041-9569 
FAX:076-655-2799

(あけはし・だいじ)昭和34年、大阪生まれ。京都大学医学部卒業。精神科医。真生会富山病院心療内科部長。NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長。著書『子育てハッピーアドバイス』シリーズは累計450万部を超えている。