私は小学校、中学校、高校と、ずっといじめられていました。小学校のときは、友だちだった子がある日、突然別の子のグル―プに入り、私をいじめました。中学校ではその子たちから離れたくて、学区外の学校に行きましたが、そこでも同じようにいじめのターゲットになりました。高校のときは、体育の先生から、授業中ずっと立たされるなどのいじめを受けました。
 
 私はいじめられていることを家族にも友だちにも、誰にも言えませんでした。父と母は離婚し、母親は夜勤から帰ってくると、疲れているのか「話しかけないでよオーラ」を出していて、学校の話などまったくできない状況でした。仮にいじめられてることを話したとしても「あんたが悪いんでしょ」と言われると思いました。誰に相談していいかわかりませんでした。
 
 だんだんいじめられていることを言えない自分が嫌になり、リストカットをし始めました。自分の気が済むまで毎日やりました。
 

毎朝 母に見張られ

 
 学校に行かない、という選択肢はありませんでした。母がそれを許さなかったのです。母は毎朝、私がちゃんと学校にいくか、玄関で見張っていました。私は見送られたあと、公園で時間をつぶしたりしながら学校に通い続けていました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。