議連総会のようす

 「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」(多様な教育機会確保法案)は、今国会の上程が見送られ、秋の臨時国会での成立を目指して各党内で議論されることとなった。同法案は、フリースクールや自宅などでの学校以外の学習を新たな教育制度として位置づけることなどが盛り込まれたもの。

 今後はまず、最大会派である自民党内での意見調整が図られる。
 
 その合意をもとに、フリースクールと夜間中学校の合同議員連盟が条文案を再校し、ふたたび各党での検討がなされる手筈となる。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。