学校の荒廃が心配


 大阪府教育基本条例案、読めば読むほどひどい条例案です。教育目標や学力テストの公表の義務化、教師の相対評価(D評価が2年連続なら免職処分)、3年連続定員割れの高校は統廃合などなど。それに加えて条例全体からは「……しなければならない」「……に努める」と校長・教師・児童・保護者の義務ばかり強調され、政治の教育への関与・管理が肯定されています。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。