記事タイトル一覧

私の神経症、その20年

記事テーマ:当事者の声

こんにちは、PN朱々と申します。今回、私の神経症人生について書かせていただくことになりました。  私は20年以上、神経症の深い森に迷い込んで抜け出すことができませんでした。現在、40代で親の介...

shiko shiko

学校でのいじめ減少?

記事テーマ:ニュース

文科省が発表した2011年度の問題行動調査の結果によると、全国の小中高校ならびに特別支援学校で認知されたいじめは7万231件だったことがわかった。前年度と比べて、7399件減少した。内訳は、小学...

kito-shin kito-shin

第1回 孫とどう接したら?

記事テーマ:連載

連載「孫の不登校」  最近、祖父母世代の方が、孫の不登校について悩まれたり、相談を寄せられたり、親の会に参加されたりすることが増えてきました。祖父母にとって、孫が登校しないで家のなかでゴロゴロ...

kito-shin kito-shin

第4回 自律神経と心の病気

記事テーマ:連載

連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」 同じ内科でも、神経内科は、「脳」そのものを取り扱います。一方「心療内科」では、「心」が取り扱われます。心身症という名で、身体的原因だけでは説明しき...

kito-shin kito-shin

居場所を見つける旅 第8回

記事テーマ:連載

東京下北沢にあるかわいいお店、「気流舎」に行ってきました。 自由気ままな野郎たちがやっているオルタナティブスペースというのは、たいてい貧乏くさく、実際にも貧乏です。しかし諦めてはいけません。貧し...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第347回

記事テーマ:連載

東京シューレ葛飾中学校が誕生した2007年は不登校にとってどんな年だったのだろうか。  07年の小中学生の不登校は、2年連続で増加し、12万9254人で、約13万人と言える多数を記録した。しか...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

映画「おおかみこどもの雨と雪」を見た。とてもよかった。私は開始直後の最初の台詞でもう泣いてしまい、改めて自分の涙もろさを自覚するはめになってしまった。

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

人間とは、人と人の間と書く。間とは、距離であり、関係でもあり、間柄ともいえる。間柄をたてないと、とかく衝突が起きやすい。夫婦、親子、師友、いろいろな関係がある。それが人間というもので、間がないと...

kito-shin kito-shin

【連載】こどもほうりつ相談室

記事テーマ:識者の指摘

■Q 学校のいじめ問題で、「出席停止にする」と東京や埼玉の教育委員会の人が言ったと新聞で読みました。出席停止って何ですか。■室長 中学生でも新聞をくわしく読んでいるのは感心ですね。頼もしい。 ■Q『Fonte』を読んでるんですから、新聞も読みますよ。出席停止って、教育委員会が生徒に不登校させるのですか。■室長 ふ~む。出席停止は不登校させること。おもしろい発想だね。脳みそが若いから、自由で新鮮な考えですね。

kito-shin kito-shin

【集会案内】全国9カ所でフリースクールフェスティバル開催

記事テーマ:集会情報

フリースクールフェスティバル(主催・フリースクール全国ネットワーク)が今年も全国で開催される。  「フリースクールフェスティバル」は「不登校からのカルチャー発信」をテーマに2001年から始まったイベント。各地のフリースクールが中心となって企画運営を行なう。そのため、キャンプ、スポーツ大会のほか、ライブイベントや子どもシンポジウムなど、各地の特色が色濃く出るのが「フリースクールフェスティバル」の特徴だ。昨年は全国各地で累計1300名が参加した。  今年は北は北海道、南は長崎と、全国9カ所...

kito-shin kito-shin

【集会情報】フォロ「オープン講座」開講

記事テーマ:集会情報

フリースクール・フォロが、誰でも参加できる「オープン講座」を10月から開始する。来年3月までは「仕事」をテーマに全12回の講座が開かれる。講師陣は樹医、助産婦、介助員、グラフィックデザイナー、フリーライター、野宿支援者など。  講座は、各講師の講議・意見交換のあと、実際の仕事現場でのフィールドワークが2回ワンセットになっている。テーマを仕事に選んだ理由についてフォロは「不登校、ひきこもりの人にとって一番気になるテーマが『仕事』。『学校に行かなくてもいいけど結局、働けないのでは…』と思い悩...

kito-shin kito-shin

infomation

記事テーマ:集会情報

13日(土)■「もっと語ろう不登校 part162」会 場 人の泉・オープンスペース"Be”(東京)時 間 午後2時~参加費 300円主 催 世田谷こどもいのちのネットワーク    第3分科会「もっと語ろう不登校」連絡先 03-5300-5581(佐藤) 14日(日)■講演会「子どもと一緒に考えよう!~親と子のいいカンケイ」会 場 富山県民共生センター(富山)時 間 午前10時~講 師 荒牧重人さん(山梨学院大学法科大学    院)、不登校経験者ほか参加費 1000円(18歳以下無料)主...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

454号 2017/3/15

娘が不登校になったなんて認めたくないし、親戚にも友だちにも言えない。言った...

453号 2017/3/1

長男が高校へ行きづらくなり、家のなかで荒れて物を壊すこともあった時期でした...

452号 2017/2/15

親の方に伝えたいのは、学校に行かないことを毎日、怒られて「しょうがない」と...