不登校新聞

452号 2017/2/15

「不登校の歴史」に関連する記事

2013年はどんな年だったか(2) 不登校の歴史vol.452

以前「大検」と呼ばれていた制度が、現在「高認(高校卒業程度認定試験)」として活用されている。毎年夏と秋に実施される高認試験に合格した者は「高校を卒業した者と同等以上の学力があ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 452号 2017/2/15

2013年はどんな年だったか 不登校の歴史vol.451

不登校にとって、2013年はどんな年だったろうか。  上野千鶴子さん(女性学研究者)は、本紙インタビューで「学校化社会は、かつてより強化された」と自身の見解を述べた。  要因...

  Like   kito-shin  kito-shin from 451号 2017/2/1

多様な学びの実践の発信 不登校の歴史vol.450

ここのところ、本欄で扱っているのは、2016年12月7日に成立した「教育機会確保法」の経緯である。2009年、NPO法人「フリースクール全国ネットワーク」が「日本フリースクー...

  Like   kito-shin  kito-shin from 450号 2017/1/15

多様な学び場を求めて 不登校の歴史vol.449

「義務教育段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律」は、2016年12月7日、参議院本会議で可決された。  この法律はそもそも、何の目的で、どう始まり、ど...

  Like   kito-shin  kito-shin from 449号 2017/1/1

スタート時の法案内容は 不登校の歴史vol.448

本欄の原稿を書いている2016年12月6日、「教育機会確保法案」が参議院の文部科学委員会を賛成多数で通過した。あと参議院本会議を残すのみとなった。  この法案のスタートは、前...

  Like   kito-shin  kito-shin from 448号 2016/12/15

「機関」支援から「子ども」支援へ 不登校の歴史vol.447

2012年10月8日、早稲田大学において「(仮称)オルタナティブ教育法を実現する会」の第2回総会が開かれ、ここで重要な提案がなされた。法案名および骨子案の変更である。  第1...

  Like   kito-shin  kito-shin from 447号 2016/12/1

一人ひとりの学習権保障へ 不登校の歴史vol.446

2012年4月に発足した「「(仮称)オルタナティブ教育法」を実現する会」の発起人はフルースクール関係者は、もちろんのこと、シュタイナー学校、サドベリースクール、外国人学校、多...

  Like   kito-shin  kito-shin from 446号 2016/11/15

「オルタナティブ教育法」実現へ 不登校の歴史Vol.445

雪の舞う2012年2月3日から4日にかけて、「第4回JDEC日本フリースクール大会」と「フリースクールスタッフ養成研修講座」が都内で開催された。  記念講演「日本の教育を『学...

  Like   kito-shin  kito-shin from 445号 2016/11/1

医大・医学部調査 不登校の歴史vol.444

2010年から2011年にかけて行なわれたシューレ大学不登校研究会による全国の医大・医学部調査。医者は大学で医学を学んで現場に立つわけだが、不登校についてはどのように学んでく...

  Like   kito-shin  kito-shin from 444号 2016/10/15

医大生はどのくらい不登校を学ぶのか 不登校の歴史vol.443

本欄は、本紙創刊時の1998年に1940年代から現在2011年までの歴史を書き続けてきた。そこでうっかり2011年にあった出来事として、不登校の子ども自身による不登校の映画づ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 443号 2016/10/1

不登校の子による映画づくり 不登校の歴史vol.442

2011年11月、ついに不登校の子どもによる不登校についての映画が完成した。「不登校なう」である。 子どもたちが不登校について手記を書き、本になったことはあった。不登校が劇に...

  Like   kito-shin  kito-shin from 442号 2016/9/15

「夢や希望アリ」77・9% 不登校の歴史vol.441

今、本欄で紹介しているのは、2011年度に全国規模で大々的に行なわれた「不登校に関する実態調査」。俗には「追跡調査」と呼ばれているものである。対象は5年前、つまり2006年(...

  Like   kito-shin  kito-shin from 441号 2016/9/1

「学校へ行けばよかった」最多 不登校の歴史vol.440

2006年当時、中学3年生で不登校であった子に対し、2011年、つまり5年後に調査が行なわれた。世に言う「不登校追跡調査」である。前号に引き続きポイントを紹介する。 ■質問「...

  Like   kito-shin  kito-shin from 440号 2016/8/15

不登校追跡調査・中3当時は 不登校の歴史vol.439

前回に引き続き、2011年秋に発表された「不登校追跡調査」に触れながら考えていきたい。この調査では、2006年時点で中学3年生だった不登校の子どもの進路状況などを明らかにする...

  Like   kito-shin  kito-shin from 439号 2016/8/1

不登校追跡調査 不登校の歴史vol.438

2011年の不登校に関する文科省の取り組みのなかでも特筆すべきは、「不登校追跡調査」であろう。  7月、省内に「不登校生徒に関する追跡調査研究会」を設置。森田洋司氏(大阪市立...

  Like   kito-shin  kito-shin from 438号 2016/7/15

「発達障害」と「不登校」不登校の歴史vol.437

フリースクールでも、親の会でも、相談機関でも、医療関係の学会でも、発達障害・自閉症スペクトラムと不登校が結びつけられて語られるようになり、どう考えたらいいか、非常に関心が持た...

  Like   kito-shin  kito-shin from 437号 2016/7/1

学校の人権侵犯過去最高 不登校の歴史vol.436

2011年3月11日午後2時46分。巨大地震が東北・関東を襲った。三陸沖を震源とするマグニチュード9・0を記録した「東日本大震災」である。この巨大地震がもたらした影響は、あら...

  Like   kito-shin  kito-shin from 436号 2016/6/15

フリネット10周年のJDEC 不登校の歴史vol.435

2011年が明けた。この年がどんなにたいへんな年になるか、3月11日になるまでは誰も知らない。  3・11のちょうど1カ月前の2月11日、東京ではめったにない大雪、それも吹雪...

  Like   kito-shin  kito-shin from 435号 2016/6/1

幻となった「新しい公共」 不登校の歴史vol.434

2010年の社会的活動で、もう一つ落とせないのは、民主党政権が呼びかけて設置された「子どもを見守り育てるネットワーク推進会議」だろう。ただし、短命な政権であったこと、3・11...

  Like   kito-shin  kito-shin from 434号 2016/5/15

不登校の歴史 第433回 NPO活動が支える不登校

前号で記した通り、2010年ごろは社会全体に「生きづらさ」が広がっていたが、NPO、市民らはつながりあい活動を活発化させていた。こうした活動があるからこそ、当事者を支えられた...

  Like   kito-shin  kito-shin from 433号 2016/5/1

不登校の歴史 第432回 格差社会と子どもの貧困

2010年ごろ、社会の格差が広がり、とりわけ20代、30代の若者にはつらい状況をもたらしていた。非正規雇用者の増加、リストラ、困難な再就職など雇用状況は不安定化していた。  ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 432号 2016/4/15

「不登校の歴史」第431回 2010年という年

前号で2010年6月1日にフリースクール議員連盟が民主党政権下のもと、15カ月ぶりにやっと再開されたことを述べた。再開時、市民から要望したことは新法制定。憲法で定められた教育...

  Like   kito-shin  kito-shin from 431号 2016/4/1

第430回 久しぶりの議連再開

2010年6月1日、衆議院第一議員会館では、「フリースクール環境整備推進議員連盟」の第5回総会が開催された。この議連は、フリースクール全国ネットワーク(以下・フリネット)の働...

  Like   kito-shin  kito-shin from 430号 2016/3/15

第429回 新法(案)に寄せられた声

2010年の春から夏にかけて、「オルタナティブ教育法(仮)」に対して、いろんな意見を寄せてもらい、毎回のフリースクール全国ネットワーク新法研究会で、一つひとつが検討された。全...

  Like   kito-shin  kito-shin from 429号 2016/3/1

第428回 民主党政権下の議連再開

先号まで紹介した骨子案第1号は、その後多くの人たちに送られ、検討されていくことになる。フリースクール、様々な学校外の場の関係者、親の会世話人、学生や大学関係者、支援者などに送...

  Like   kito-shin  kito-shin from 428号 2016/2/15

第427回 どういうしくみなら

今、本欄では教育の「しくみ」をどう変えたらいいか、について研究したり、取り組んできたりしたことを書いている。書きながらふと思い出すのは、昔、ある親の会の講演会に呼ばれたとき「...

  Like   kito-shin  kito-shin from 427号 2016/2/1

第426回 最初の骨子案

新法研究会でまとめた最初の骨子案は、実際はその後どんどん変わっていくのだが、たたき台になったものを、まず紹介する。  法案は普通教育を対象とし、憲法、教育基本法のもとに、現在...

  Like   kito-shin  kito-shin from 426号 2016/1/15

第425回 オルタナティブ教育法

「フリースクールからの政策提言」に盛り込んだ「フリースクール等についての新法制定」を具体化するべく、「フリースクール全国ネットワーク」では、2009年6月20日、「新法研究会...

  Like   kito-shin  kito-shin from 425号 2016/1/1

第424回 法案を考え始める

そろそろ、私たちが「多様法」と呼んでいる、新法を求める運動について書いていきたい。  それは2015年5月から9月、「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関す...

  Like   kito-shin  kito-shin from 424号 2015/12/15

第423回 私立通信制高校

勉強が苦手、集団が苦手、いざ学習するとなると緊張してしまう……。そういう子どもも含めて、東京シューレが通所型の「フリースクールコース」、在宅支援型の「ホームシューレコース」の...

  Like   kito-shin  kito-shin from 423号 2015/12/1

第422号 高校進学の意味

東京シューレが、フリースクールでありながら高校の学習センターとなり、王子、新宿、流山の3つの通えるスペースと、全国に点在するホームシューレで高校卒業資格がとれる仕組みをつくっ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 422号 2015/11/15

第421回 フリースクールと高校の連携

フリースクールに通いながら、高校卒業資格をとれるようにする、というのは、一見矛盾のように見えた。  フリースクールは学校外の場であり、高卒資格は学校制度をクリアすることで得ら...

  Like   kito-shin  kito-shin from 421号 2015/11/1

第420回 進む高学歴化のなかで

学校基本調査のたびに、大学、大学院、短大、専門学校などの高等教育機関への進学率は上昇していった。それに伴い、高校進学率もギリギリまであがっていた。日本社会の高学歴化はずっと進...

  Like   kito-shin  kito-shin from 420号 2015/10/15

第419回 フリースクールの高校連携

2011年も暮れが迫ったある日、「東京シューレ」理事長の私と事務局長の中村国生さんは、2メートルも積もった大雪の北海道和寒町にいた。  「東京シューレ」は、学校外の子どもの居...

  Like   kito-shin  kito-shin from 419号 2015/10/1

第418回 大津いじめ自殺事件

2011年10月11日、滋賀県大津市の大津中学2年生の男子生徒が、通学時間の午前8時ごろ、14階建ての自宅マンションから飛び降り、死亡した。  それから半年後、男子生徒の遺族...

  Like   kito-shin  kito-shin from 418号 2015/9/15

第417回 人権侵犯・いじめ・不登校

3・11の東日本大震災のあった2011年は、子どもをめぐる状況は、どんなようすだったのだろうか。くしくも、と言ったらいいのかタイミングがそうだったということだが、3月11日、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 417号 2015/9/1

第416回 親の会をつくる

宮城県気仙沼の親の方々の中で「子どもの居場所づくりをやってみようか」という話が持ち上がり、その実現に向けて「東京シューレ」で助成金をさがしだした。自宅で、または公民館に子ども...

  Like   kito-shin  kito-shin from 416号 2015/8/15

第415号 東日本大震災と不登校

「気仙沼親の会」が私たちの訪問を機に再開されることになり、私たちはそれから毎月、うかがうことにした。  東京から気仙沼までは、東北新幹線で一関まで行き、一関からは大船渡線で山...

  Like   kito-shin  kito-shin from 415号 2015/8/1

第414回 震災でひきこもり家庭は

2011年9月3日、私と「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」事務局長の野村の2人は、震災後、半年経った気仙沼市にいた。気仙沼市で18年も前から続いた親の会のみなさんに...

  Like   kito-shin  kito-shin from 414号 2015/7/15

第413回 被災地支援に動いて

東日本大震災では、誰もが「自分は何ができるだろうか」、「できることで少しでも力になりたい」と考えたのではないか。  私たちはとりわけ、不登校の子ども、家庭、親の会や居場所の人...

  Like   kito-shin  kito-shin from 413号 2015/7/1

第412回 不安感が増幅されて

連載「不登校の歴史」  3・11の東日本大震災は、東京にもかつてない体験だった。関東大震災とまではいかなくても、近年ではまれに見る大揺れで、電車も止まった。シューレ中学は「...

  Like   kito-shin  kito-shin from 412号 2015/6/15

第411回 3・11東日本大震災

連載「不登校の歴史」 2011年3月11日、午後2時46分、この日を多くの人は忘れることはないだろう。  東日本大震災が起き、東北のとくに太平洋沿岸は地震、津波、火災、そして...

  Like   kito-shin  kito-shin from 411号 2015/6/1

第410回(仮称)オルタナティブ教育法

連載「不登校の歴史」  2011年2月11日、フリネット結成10周年を迎えた第3回JDEC(日本フリースクール大会)では、2年間いろいろなところで議論してきた新法の第4案の...

  Like   kito-shin  kito-shin from 410号 2015/5/15

第409回 20代~30代の他害・自殺

連載「不登校の歴史」  2011年に入る直前の年末に起きた茨城県取手駅の事件に触れないわけにはいかない。  27歳の男性が通学・通勤時のバスに乗りこみ、無差別に乗客を切りつ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 409号 2015/5/1

第408回 ケンケンガクガクの理論

連載「不登校の歴史」  2010年(平成22年)、学校以外の学びのあり方を認める仕組みを求めて、1年間検討してきた内容を踏まえ、第2回JDEC(日本フリースクール大会)には...

  Like   kito-shin  kito-shin from 408号 2015/4/15

第407回 新法の骨子案を研究

連載「不登校の歴史」  「フリースクールからの政策提言」に盛り込んだ新しい法律の案は、その後どういう歩みをたどるだろうか。  09年2月には「フリースクール環境整備推進議員...

  Like   kito-shin  kito-shin from 407号 2015/4/1

第406回 新法制定の提言

連載「不登校の歴史」  09年にフリースクール全国ネットワークから提案された「フリースクールからの政策提言」。そのなかの大きな柱の一つ「フリースクール等についての新法制定の...

  Like   kito-shin  kito-shin from 406号 2015/3/15

第405回 悲願の高等部通学定期

連載「不登校の歴史」  09年2月、長いあいだ要望してきた「フリースクール高等部」への子どもたちへの通学定期券の適用が、フリースクール議連の取り組みで実現した。小中学生への...

  Like   kito-shin  kito-shin from 405号 2015/3/1

第404回 政策提言を文科省・議連へ

連載「不登校の歴史」  09年1月、「日本フリースクール大会」で採択した「フリースクール政策提言」の中身を紹介しているが、「提言9」は以下の通りである。 【提言9】国や自治...

  Like   kito-shin  kito-shin from 404号 2015/2/15

第403回 すぐにでも実現すべき9の提言

連載「不登校の歴史」  「フリースクールからの政策提言」が09年1月、第1回「日本フリースクール大会」で採択され、日本のフリースクール運動に大きな影響を与えていくため、前号...

  Like   kito-shin  kito-shin from 403号 2015/2/1

第402回 政策提言に一歩踏み出して

連載「不登校の歴史」  09年1月、第1回「フリースクール大会(JDEC)」で採択された「フリースクールからの政策提言」がどんな経緯で誕生したかを前回紹介した。では、それは...

  Like   kito-shin  kito-shin from 402号 2015/1/15

第401回 政策提言に一歩踏み出して

連載「不登校の歴史」  2011年2月11日、JDEC(日本フリースクール大会)は、「フリースクール全国ネット」(以下・フリネット)10周年を迎え、新しい法律案である「(仮...

  Like   kito-shin  kito-shin from 401号 2015/1/1

第400回 節目の日本フリースクール大会

連載「不登校の歴史」  2011年2月11日~12日、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、「日本フリースクール大会」(JDEC)の第3回大会が開催された。  主...

  Like   kito-shin  kito-shin from 400号 2014/12/15

第399回 不登校家庭への税負担増

連載「不登校の歴史」  2011年1月、高校無償化に伴う税制改正で、高校生年齢の不登校のお子さんがいる家庭には、税負担が増えるという話が持ち上がった。  民主党政権が、それ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 399号 2014/12/1

第398回 ひきこもり名人

連載「不登校の歴史」  2010年も暮れようとする12月、茨城県で27歳の男性が、中高生14人らを刺傷する事件が起きた。その容疑者が、ひきこもっていたことから、ふたたび、ひ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 398号 2014/11/15

第397回 『Fonte』300号発行

連載「不登校の歴史」  格差社会の広がりのなかで中弁連が「子どもの学びの平等を求める決議」を出した2010年10月15日は、本紙が300号を発行した記念すべき日でもあった。...

  Like   kito-shin  kito-shin from 397号 2014/11/1

第396回 学びの平等を求める決議

連載「不登校の歴史」  相対的貧困が拡がるなか、中部弁護士連合会は子どもの「学びの平等」を求める決議をした。その決議には、5つの提言がまとめられている。2010年10月15...

  Like   kito-shin  kito-shin from 396号 2014/10/15

第395回 精神科バブル、子どもの貧困

連載「不登校の歴史」  不登校と医療に関心が高まるなか、「NPO法人たまりば」は、2010年11月17日より、精神医学をテーマにした連続講座を開催した。  講師は、児童精神...

  Like   kito-shin  kito-shin from 395号 2014/10/1

第394回 訴えれば薬が増え

連載「不登校の歴史」  2010年当時、そして今も、医療と不登校をめぐって具体的にどんな状況があったか。  薬の多剤、多量投与。80年代、90年代には考えられない種類と量を...

  Like   kito-shin  kito-shin from 394号 (2014.9.15)

第393回 セミナーで語られたこと(3)

連載「不登校の歴史」  不登校と医療について、診断、投薬、入院などのあり方が過剰なのではないかという疑問から、再度その関係をきちんと考えてみたい、との動機から、2010年~...

  Like   kito-shin  kito-shin from 393号 (2014.9.1)

第392回 セミナーで語られたこと

連載「不登校の歴史」  不登校と医療の関係は、どう考え、どう関わったらいいのか、とりわけ過剰医療ではないかと感じられることが増え、2010年「不登校と医療のいま」を考える連...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 392号 (2014.8.15)

第391回 再び、不登校と医療

連載「不登校の歴史」  全国ネットワークが主催して全国10カ所で開催した「不登校と医療」についての講演会は「不登校と医療のいまを考える」という分厚い報告書としてまとめられ、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 391号 (2014.8.1)

第390回 再び、不登校と医療

連載「不登校の歴史」  本紙が300号を迎えただけでなく、世の中では不登校関連の情報が得やすくなり、相談機関、医療機関が増え、不登校対象の進学先も増えた2010年だったが、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 390号 (2014.7.15)

第389回 『不登校新聞』創刊300号

連載「不登校の歴史」  本紙が、2010年10月15日、無事300号を迎えた。これは感慨深かった。タブロイド版8ページ、月2回刊のささやかと言えばささやかなメディアである。...

  Like   kito-shin  kito-shin from 389号 (2014.7.1)

第388回 国の動き、2010年夏

連載「不登校の歴史」  そのころ、つまり、2010年夏ごろの政治や社会の状況はどうだったのだろうか。  前年8月、民主党が衆院選挙で歴史的勝利をし、9月鳩山内閣が生まれ、事...

  Like   kito-shin  kito-shin from 388号 (2014.6.15)

第387回 高1女子、自宅に放火

連載「不登校の歴史」  2010年7月、東京シューレ25周年祭が開かれた翌月、フリースクールに絡んだ事件が東京で起こった。筆者もいろいろ調べた事件である。  8月22日、品...

  Like   kito-shin  kito-shin from 387号 (2014.6.1)

第386回 『僕は僕でよかったんだ』出版

連載「不登校の歴史」  不登校をした子どもたちによる映画製作を紹介したが、同時期に取り組まれたちょっとユニークな本の刊行についても記しておきたい。  これも「東京シューレ」...

  Like   kito-shin  kito-shin from 386号 (2014.5.15)

第385回 「不登校なう」誕生記

連載「不登校の歴史」  不登校経験を出し合うことは、それ自体とても意味のあることであった。しかし、なぜ不登校にいたったのか、そのとき、まわりはどんな対応だったのか。20人い...

  Like   kito-shin  kito-shin from 385号 (2014.5.1)

第384回 映画「不登校なう」

連載「不登校の歴史」  東京シューレ25周年で子どもたちが取り組んだ映像作品は、全国各地で上映され、その回数は50~60回に及んだ。親の会、フリースクール、不登校に関する講...

  Like   kito-shin  kito-shin from 384号 (2014.4.15)

第383回 圧倒された子どもの表現力

2010年7月24日、東京都北区王子駅そばの「北とぴあ」を会場に、「東京シューレ25周年祭」が盛大に開かれた。  子ども実行委員会は1年半前から集まっては企画検討していたし、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 383号 (2014.4.1)

第382回 東京シューレ25周年

連載「不登校の歴史」  2010年7月、日本のフリースクールの草分けの一つで、日本の不登校運動を市民活動としてセンター的役割を果たしてきたNPO法人東京シューレが、満25年...

  Like   kito-shin  kito-shin from 382号 (2014.3.15)

第381回 フリースクール議連再開

連載「不登校の歴史」  2010年の6月、猛暑と言われた夏の日々が始まろうとしていた。民主党政権になって9カ月、やっとフリースクール・不登校問題を国会関係に訴えることが可能...

  Like   kito-shin  kito-shin from 381号 (2014.3.1)

第380回 滝川いじめ裁判

連載「不登校の歴史」  北海道滝川市の松木友音さんは、2005年9月、6年生の教室で、教卓のうえに7通の手紙(遺書)を残して自殺を図り、06年1月に死亡した。  小3のころ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 380号 (2014.2.15)

第379回 1年でこんなにも自殺

連載「不登校の歴史」  2010年の幕開けに持たれた「子どもを見守り育てるネットワーク会議」は、その後、何回か分野別に会議や交流が持たれた。しかし、不登校の分野では学校復帰...

  Like   kito-shin  kito-shin from 379号 (2014.2.1)

第378回 民主党政権下で

連載「不登校の歴史」  2010年1月、前年、民主党政権に代わって初の新年を迎え、不登校にとってもどんな1年になるか、期待される幕開けであった。  とくに、明けてすぐの10...

  Like   kito-shin  kito-shin from 378号 (2014.1.15)

第377回 不登校と精神医療

連載『不登校の歴史』  私たちが出会った過剰医療とは、どんなものだったか。  ある女子中学生は、不登校が始まって3カ月くらいのとき、不眠、イライラ、気分の落ち込み...

  Like   kito-shin  kito-shin from 377号 (2014.1.1)

不登校の歴史 過剰医療の時代

09年の医学会はそんなようすだったが、日常の医療との関係はどんなだっただろうか。登校拒否を考える会、などの親の会やフリースクールを通して言うならひとことで過剰医療と言える状態...

  Like   kito-shin  kito-shin from 376号 (2013.12.15)

不登校の歴史「最多の発表は『発達障害』」

2009年に開かれた日本児童青年精神医学会総会は、前号で述べたように、製薬産業との癒着による診療、研究、学会のあり方への歪みにメスを入れ、改革しようという姿勢を持った思い切っ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 375号 (2013.12.1)

不登校の歴史「勇気ある第50回大会」

2009年9月30日~10月2日、日本児童青年精神医学会は、京都国際会館を会場に、記念すべき第50回大会を開催した。  まず、大会会長の門眞一郎氏(当時・京都市児童福祉セン...

  Like   kito-shin  kito-shin from 374号 (2013.11.15)

不登校の歴史 第373回

◎不登校と医療、医学会  目を転じて不登校と医療の関係に目を向けてみよう。不登校そのものは病気ではないが、病気にまで追いつめられることはある。また、病気にかかっていることが絡...

  Like   kito-shin  kito-shin from 373号 (2013.11.1)

不登校の歴史 第372回

2009年秋の明暗  民主党政権発足後の2009年秋、不登校をはじめとする子どもの状況はどうだったのか。  選挙戦がたたかわれている際の8月にも、奈良、長崎、名古屋、京都...

  Like   kito-shin  kito-shin from 372号 (2013.10.15)

不登校の歴史 第371回

民主党政権、発足  2009年8月30日、歴史的な政権交代があった。衆議院選挙で民主党が308議席の絶対多数を獲得。自民党に代わって政権の座についた。  長い長い自...

  Like   kito-shin  kito-shin from 371号 (2013.10.1)

不登校の歴史 第370回

2009年、全国子ども交流合宿「ぱおぱお」で採択された「不登校の子どもの権利宣言」を前回に続けて紹介する。(太字が宣言本文) 8.暴力から守られ安心して育つ権利私たちには、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 370号 (2013.09.15)

不登校の歴史 第369回

安心して休む権利  「不登校の子どもの権利宣言」は全部で13条あるが、なかでも次の「安心して休む権利」は、9月を前にして、重点的に多くの人に知ってもらいたいと思う。休んでよ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 369号 (2013.09.01)

不登校の歴史 第367回

『不登校の子どもの権利宣言』  2009年の20回大会(全国子ども交流合宿、登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿)で、もう一つ特筆すべきことがあった。  エンディングで発表...

  Like   kito-shin  kito-shin from 367号(2013.8.1)

不登校の歴史 第366回

全国から集めた不登校後の進路 『支え合って生きる』には、全国から集めた「不登校その後」が掲載されている。14歳から56歳まで幅広い年齢層で、任意に集められたプロフィールは百人...

  Like   kito-shin  kito-shin from 366号(2013.7.15)

不登校の歴史 第365回

09年8月、全国ネット20周年、全国合宿第20回大会を記念して、たんなる思い出話ではない得がたい冊子が発行され、合宿参加者にも配布された。題して『支えあって生きる』。158ペ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 365号(2013.7.1)

不登校の歴史 第364回

第20回全国大会  2009年夏、日本全体は、総選挙で大騒ぎであった。一方、子どもをめぐっては、奈良、長崎、名古屋、静岡などで自殺が相次ぎ、島根では中2少年による父...

  Like   kito-shin  kito-shin from 364号(2013.6.15)

不登校の歴史 第363回

子どもの視点で再検討  2008年、2009年の子どもの状況、とくに不登校をめぐる状況は一部をのぞき、さほど改善されず、依然苦しいままであった。いじめが社会問題化した200...

  Like   kito-shin  kito-shin from 363号(2013.6.1)

不登校の歴史 第362回

2009年前半は  渡辺位さんのことでは、書き足しておきたいことがある。渡辺さんがアドバイザーで毎月、来てくださっていた親ゼミのことだ。  病院を定年退職されて以来、月...

  Like   kito-shin  kito-shin from 362号(2013.5.15)

不登校の歴史 第361回

渡辺位さんの存在  故・渡辺位さん。1925年、現韓国・江原道生まれ。1953年より、国立国府台病院(現、国立精神・神経センター国府台病院)児童精神科に勤務。児童精神医療に...

  Like   kito-shin  kito-shin from 361号(2013.5.1)

不登校の歴史 第360回

渡辺位さんご逝去 2009年5月は、日本の登校拒否・不登校を考えるうえで、非常に大きな存在であった、ある人物の訃報を記さないわけにはいかない。  その人物とは、渡辺位さんであ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 360号(2013.4.15)

不登校の歴史 第359回

◎16年ぶりの小さな風穴  2009年1月の日本フリースクール大会で採択された「フリースクールからの政策提言」は、多様な学びを保障する新しい法律をつくる活動に道を開くととも...

  Like   kito-shin  kito-shin from 359号(2013.4.1)

不登校の歴史 第358回

09年1月11日・12日に開催された第1回日本フリースクール大会(以下、JDEC)で大きかったのは、「フリースクールからの政策提言」であろう。 提言は19ページにわたり、「子...

  Like   kito-shin  kito-shin from 358号(2013.3.15)

不登校の歴史 第357回

「子ども中心の教育を」  フリースクール全国ネットワークが誕生して8年後、前号で述べた背景から、2009年1月11日・12日、第1回日本フリースクール大会(以下、JDEC)が...

  Like   kito-shin  kito-shin from 357号(2013.3.1)

不登校の歴史 第356回

日本フリースクール大会 2009年はどんな年だっただろうか。 世界的大不況のなかではあったが、オバマ大統領の就任、戦後長く続いた自民党中心の政権に変わり、民主党の衆院選圧勝に...

  Like   kito-shin  kito-shin from 356号(2013.2.15)

不登校の歴史 第355回

本紙創刊10周年  2008年を振り返るに当たり、最後に本紙創刊10周年にふれたい。  98年3月に誕生した全国不登校新聞社が創刊号「不登校新聞」を創刊したのは同年5月1日...

  Like   kito-shin  kito-shin from 355号(2013.2.1)

不登校の歴史 第354回

フリースクール議連発足 2008年に起きた「フリースクール傷害事件」の報道は、「矯正を目的として手段を選ばず」の収容施設と、「子どもが安心して学び育つ居場所」のフリースクール...

  Like   kito-shin  kito-shin from 354号(2013.1.15)

不登校の歴史 第353回

「フリースクール傷害容疑」。ぎょっとする見出しが目に飛び込んできたのは、2008年9月10日である。  新聞によれば、京都府の京丹波町のフリースクール「丹波ナチュラルスクール...

  Like   kito-shin  kito-shin from 353号(2013.1.1)

不登校の歴史 第352回

2008年は、青少年が起こした他害事件が、青少年の生きづらさや苦悩をとても感じさせた。 6月には、秋葉原で17人死傷するという社会に大きな衝撃を与える事件が起きた。加害者は「...

  Like   koguma  koguma from 352号(2012.12.15)

不登校の歴史 第351回

2008年2月に、「登校拒否を考える全国ネットワーク」がNPO化したことから書き始めたが、この年はどんな一年だったのだろうか。  世界的に言えば、サブプライムローンに端を発...

  Like   koguma  koguma from 351号(2012.12.1)

不登校の歴史 第350回

全国ネット、NPO化へ  2008年2月、「登校拒否を考える全国ネットワーク」は内閣府より認証を受け、NPO法人として活動することになった。  全国ネットは、1989年...

  Like   kito-shin  kito-shin from 350号(2012.11.15)

不登校の歴史 第349回

2007年、この年注目されたのが「長田塾裁判」の控訴審判決であった。  「長田塾」とは、不登校・ひきこもりの子ども・若者を預かり、名古屋市内に設置した八事寮に入寮させ、人権...

  Like   shiko  shiko from 349号(2012.11.1)

不登校の歴史 第348回

2007年は、格差社会が進行するなか、子どもの貧困、フリーター・ニート・ホームレス対策が語られたり、施策に盛り込まれたりした。老人の孤独死も浮上してきた。ネットカフェ難民は推...

  Like   kito-shin  kito-shin from 348号(2012.10.15)

不登校の歴史 第347回

東京シューレ葛飾中学校が誕生した2007年は不登校にとってどんな年だったのだろうか。  07年の小中学生の不登校は、2年連続で増加し、12万9254人で、約13万人と言える...

  Like   kito-shin  kito-shin from 347号(2012.10.1)

不登校の歴史 第346回

学校に行かないで、在宅で育つ――。この成長のかたちもあるということを多くの学校が知ってほしい、と思う。東京シューレ葛飾中学校では、家庭も一つの成長の場と認め、無理に登校するよ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 346号(2012.9.15)

不登校の歴史 第345回

「『休む』ことと在宅で育つこと」 学校がある日、子どもが長期、家にいる。それを「学校を休んでいる」と意識する人もいれば、「ホームエデュケーション、ホームスクーリングで育ってい...

  Like   kito-shin  kito-shin from 345号(2012.9.1)

不登校の歴史 第344回

休みをすすめる学校  「いじめ自殺」について、四半世紀前から一貫して私たちが提案してきたことは、「学校を休む」「学校へ行かない」ということだった。それがなかなかできない。「子...

  Like   kito-shin  kito-shin from 344号(2012.8.15)

不登校の歴史 第343回

◎いじめ自殺と学校  大津のいじめ自殺報道が毎日続いている。日本の社会は何度くり返しても、このような悲劇を止められないのだろうか。そんなことはない。子どもにとって「学校とはな...

  Like   kito-shin  kito-shin from 343号(2012.8.1)

不登校の歴史 第342回

公教育のなかの「子ども中心」  日は、すぐ経つものだ。  多くの市民の協力と、区・都・国・NPO法人東京シューレ4者が関係して開校した「東京シューレ葛飾中学校」が満5年経ち...

  Like   kito-shin  kito-shin from 342号(2012.7.15)

不登校の歴史 第341回

いよいよ開校!  「心を入れ替える? そんな…」と思いつつ、なんと答えればよいか緊張が走った。「はい、フリースクールと学校のちがいは承知しているつもりです」。  20...

  Like   kito-shin  kito-shin from 341号(2012.7.1)

不登校の歴史 第340回

緊張の日々 設立準備委員会では、学校の認可のときに必要な資金として、改修や設備に必要なお金以外に、学校運営の1年間の経常経費の半分を用意しなければならない、という条件に基づき...

  Like   kito-shin  kito-shin from 340号(2012.6.15)

不登校の歴史 第339回

準備にたいへんな夏  開校8カ月前の2006年7月7日、東京都の私学行政課によるヒアリングがあった。8月末には、学校法人認可のための書類を山ほどそろえなければならなかっ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 339号(2012.6.1)

不登校の歴史 第338回

◎制服も子どもの意見で  不登校を経験した子どもたちは、どんな学校を望んだか。「フリースクールの学校をつくる子ども評議会」ではさまざまな意見が出された。 ●いじめがない学校...

  Like   kito-shin  kito-shin from 338号(2012.5.15)

不登校の歴史 第337回

子どもとつくる学校  学校は子どもといっしょに考え、子どもの声を実際的に生かし、子どもとともに創る学校でなければ意味がない。東京シューレの子どもたちは、小6・中学生はもちろ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 337号(2012.5.1)

不登校の歴史 第336回

開校に向けて準備の日々  廃校を借りて創る学校、といっても、資金準備は本当にたいへんだった。05年9月、設立発起人準備会を開催。規約、パンフレット、特区提案内容、教員候補、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 336号(2012.4.15)

不登校の歴史 第335回

行政と連携してつくる  NPO法人立の学校を創りたいという方針のもとに、打診していた東京都・葛飾区から、やっと返答いただけた内容は「条件を変えてもらえれば、特区による学校づ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 335号(2012.4.1)

不登校の歴史 第334回

自分たちで創る学校  フリースクールから「学校」を創ることになった。しかし、どうやって創るのだろう。何もかも初めてである。必要なことを根気よく積み重ねていくしかない...

  Like   kito-shin  kito-shin from 334号(2012.3.15)

不登校の歴史 第333回

フリースクールは、長年、卒業資格や公的資金にかぎらず、小中学生の通学定期券以外はすべて枠の外だった。  通学割引は、中卒以上には適用されない。親がリストラにあい、フリースク...

  Like   kito-shin  kito-shin from 333号(2012.3.1)

不登校の歴史 第332回

フリースクールがなぜ学校を  特区を活用したら、もしかして学校を創ることができるかもしれない。しかし、創ることに踏み出すほうがいいのか、悪いのか。長いあいだ、学校以外の居場...

  Like   kito-shin  kito-shin from 332号(2012.2.15)

不登校の歴史 第331回

東京シューレ学園の設立 これまで、2006年ごろのいじめ自殺や教育行政の動きを見てきたが、不登校関係の市民活動は、どんな状況にあったのだろう。  注目されるのは、2006年秋...

  Like   kito-shin  kito-shin from 331号(2012.2.1)

不登校の歴史 第330回

いじめ・いじめ自殺の背景  これまで見てきたように、2006年の秋は日本のあちこちでいじめ・いじめ自殺が噴出したのだがその背景には何があったのだろうか。  これは、日本の...

  Like   kito-shin  kito-shin from 330号(2012.1.15)

不登校の歴史 第329回

不登校が生命を救う 2006年の秋の連続いじめ自殺は、何を意味したのか。  いじめ自殺が社会問題化して、ここまで大きく取り上げられて長期に報道されたのは初めてのことではない...

  Like   kito-shin  kito-shin from 329号(2012.1.1)

不登校の歴史 第328回

つづく いじめ自殺  2006年11月、いじめ自殺は、まだまだ続いた。12日には、同日に2人、埼玉県本庄市と大阪府富田林市の自殺が報道され、胸がふさがれる思いをした。  ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 328号(2011.12.15)

不登校の歴史 第327回

つづくいじめ自殺  話題を2006年秋に戻そう。いじめ自殺報道は毎日のようにあった。テレビをつければ、どこかでいじめを苦に自殺した子どもたちの報道が流れていた。そのうちの2...

  Like   kito-shin  kito-shin from 327号(2011.12.1)

不登校の歴史 第326回

画期的だった滝川裁判  06年、いじめ自殺の社会問題化の発端になった北海道滝川市の12歳の友音さんのいじめ自殺では、友音さんの母親や叔父の木幡さんらが滝川市と北海道を相手取...

  Like   kito-shin  kito-shin from 326号(2011.11.15)

不登校の歴史 第325回

札幌の中学生自殺  閑話休題、というわけではないが、2006年のいじめ自殺問題を書いてきた。しかし、いま急に11年10月現在の話を書きたくなった。今年8月30日、札幌市の男...

  Like   kito-shin  kito-shin from 325号(2011.11.1)

不登校の歴史 第324回

いじめ自殺の社会問題化  前号でも紹介したように、いじめに苦しむ子どもたちが後を絶たなかった状況があるが、なかんづく、2006年の秋は「いじめ自殺」の報道が来る日も来る日も...

  Like   kito-shin  kito-shin from 324号(2011.10.15)

不登校の歴史 第323回

2006年、子どもたちは  2006年ごろの不登校の子どものようすはどんなものだったのだろうか。以前にも本欄で取りあげた『支えあって生きる』(登校拒否・不登校親の会20年全...

  Like   kito-shin  kito-shin from 323号(2011.10.1)

不登校の歴史 第322回

事件が問うたもの  「アイ・メンタルスクール事件」はさまざまな問題を社会に投げかけた。  第一に、「ひきこもり」とは何か、という問題提起である。ひきこもりは、どんな目にあ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 322号(2011.9.15)

不登校の歴史 第321回

アイ・メンタルスクール事件  2005年に比べ、2006年は、子ども・若者のおかれた状況の過酷さをあらわすできごとが次々と続いた。  4月18日、名古屋市北区にあった「ア...

  Like   kito-shin  kito-shin from 321号(2011.9.1)

不登校の歴史 第320回

東京シューレ20周年  2005年には、学校外の居場所・学び場・活動の場として存在してきた東京シューレが20周年を迎えた。  1985年に誕生した東京シューレはフリ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 320号(2011.8.15)

不登校の歴史 第319回

初の高校生不登校調査  2005年は不登校に関する新しい調査が発表され始めた年でもあった。それは高校生の不登校の実態調査である。  それまで文科省は1966年以...

  Like   kito-shin  kito-shin from 319号(2011.8.1)

不登校の歴史 第318回

文科省からのNPO支援  2005年は行政施策の各所に規制緩和の流れがあり、大検から高認へ、ITの利用による出席扱いについてなどの変化が見られ、これらについては前回...

  Like   kito-shin  kito-shin from 318号(2011.7.15)

不登校の歴史 第317回

『出席扱い』の要件とは  2005年、文科省は「不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行っている場合の指導要録上の出欠の取扱い等について」という通達...

  Like   kito-shin  kito-shin from 317号(2011.7.1)

不登校の歴史 第316回

欠席でも出席扱い?  2005年は、前号まで紹介した高認にかぎらず、不登校対策関連において従来より規制緩和されたものがいくつもある。  「不登校児童生徒が自宅においてIT等...

  Like   kito-shin  kito-shin from 316号(2011.6.15)

不登校の歴史 第315回

中教審の審議後、2005年度(平成17年度)より、「大学入学資格検定」試験(以下、大検)は、「高等学校卒業程度認定」試験(以下、高認)に変わった。  とりわけ、高校中退者と...

  Like   kito-shin  kito-shin from 315号(2011.6.1)

不登校の歴史 第314回

「大検」から「高認」へ①  2005年度(平成17年度)に、不登校に関する施策のいくつかが変わったと前号で述べたが、今回はその一つである「大検」が「高認」に変わった...

  Like   kito-shin  kito-shin from 314号(2011.5.15)

不登校の歴史 第313回

2004年は、社会的にさまざまなかたちで登校圧力がかかった年だったが、2005年は不登校にとって、どんな年だったのだろうか。  登校拒否を考える全国ネットワークは創設から1...

  Like   kito-shin  kito-shin from 313号(2011.5.1)

不登校の歴史 第312回

2004年という年  前号で紹介した事例は、04~05年のものだが、冒頭にそう述べながら、「2004年」との小見出しになったのは訂正、お詫びする。  さて、その04年、社...

  Like   kito-shin  kito-shin from 312号(2011.4.15)

不登校の歴史 第311回

子どもたちの悲鳴  2004年~2005年のころは、不登校をめぐって、子どもに具体的にどんな状況があっただろうか。「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」では、20周年...

  Like   kito-shin  kito-shin from 311号(2011.4.1)

不登校の歴史 第310回

NPOと行政の協働  フリースクール白書が完成した2004年のころは、一方で、不登校減少作戦が行なわれており、登校圧力が強い一方で、白書の配布、記念フォーラムの開催など、フ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 310号(2011.3.15)

不登校の歴史 第309回

調査からの指標と提案  汐見稔幸氏は「フリースクール白書」に対し、外部評価委員として、さらに付け加えた。  「経済的理由で退会した子どもがいる団体が44%にものぼること、...

  Like   kito-shin  kito-shin from 309号(2011.3.1)

不登校の歴史 第308回

外部評議委員の意見 「フリースクール白書」(2004年3月発行)の調査部分を紹介してきたが、この白書には、「提言」が付されている。調査を踏まえて「調査研究会」が執筆した部分...

  Like   kito-shin  kito-shin from 308号(2011.2.15)

不登校の歴史 第307回

フリースクールのスタッフは  フリースクールスタッフへの調査は、120団体より150名の回答があった。最年長は72歳、最年少16歳、扶養家族がいる人は23・3%だった。常勤...

  Like   kito-shin  kito-shin from 307号(2011.2.1)

不登校の歴史「保護者の想いは」 第306回

居場所の保護者が望むこと  フリースクールに子どもを通わせている保護者は、どんなことを望んでいるだろうか。  2003年に、フリースクール全国ネットワークが行なった調査が...

  Like   kito-shin  kito-shin from 306号(2011.1.15)

不登校の歴史 第305回

保護者の感じ方は  2004年に発行された「フリースクール白書」を紹介している。フリースクールなどの居場所について、保護者はどう感じていただろうか。  132名の保護者か...

  Like   kito-shin  kito-shin from 305号(2011.1.1)

不登校の歴史 第304回

◎子どもはどう感じているか  「フリースクール白書」では、フリースクールに在籍する「子ども」へのアンケートも行なわれた。回答をよせてくれた子どもの数は175人で、男女ほぼ同...

  Like   kito-shin  kito-shin from 304号(2010.12.15)

不登校の歴史 第303回

◎熱意で支え、運営厳しく  本欄では、現在フリースクールへのアンケート調査をまとめた「フリースクール白書」(03年)を紹介している。  白書によると、子どもたちの日常のす...

  Like   kito-shin  kito-shin from 303号(2010.12.1)

不登校の歴史 第301回

フリースクールの概要は  03年春に行なわれた『フリースクール白書」の調査結果を紹介している。 ◆運営主体は「個人」がもっとも多く38・3%、ついで「任意団体」(25...

  Like   kito-shin  kito-shin from 301号(2010.11.1)

不登校の歴史 第300回

フリースクールへの調査票  日本初のフリースクール白書を目指し行なわれた調査は、調査票を用いた「標準化調査」と、多様な活動状況を具体的に知るための「事例的調査」の二種類で行な...

  Like   kito-shin  kito-shin from 300号(2010.10.15)

不登校の歴史 第299回

フリースクール白書  大阪府・岸和田で中学生虐待事件が発覚した2004年、長崎では小6女子が同級生を校内で殺害するという事件が起き、福井では副知事が「不登校児は不良品」...

  Like   kito-shin  kito-shin from 299号(2010.10.1)

不登校の歴史 第298回

虐待とひきこもり  ひきこもりを引き出そうとすることによい結果が得られないことは、経験的にもしだいに知られていくようになった。当事者にとっては、つねに引き出そうとす...

  Like   kito-shin  kito-shin from 298号(2010.9.15)

不登校の歴史 第297回

アイ・メンタルスクール事件  ひきこもり当事者の手による季刊雑誌「IRIS」は画期的であったが、助成金が3年間で終わり、それに伴い、12号で終刊となった。  助成金なしで...

  Like   kito-shin  kito-shin from 297号(2010.9.1)

不登校の歴史「ヒッキーネット」

ヒッキーネット  ひきこもりが社会問題として注目を集めるなか、当事者による雑誌「IRIS」が発行された意義は大きかったと考えられる。全号を紹介できないため、ここでは毎号載る...

  Like   kito-shin  kito-shin from 296号(2010.8.15)

不登校の歴史 第295回

「生きにくさを感じている私たちからあなたへ」というサブタイトルをつけた「IRIS」は2003年秋、ひきこもり当事者による雑誌刊行委員会によって第3号を発行した。当事者手記や座...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 295号(2010.8.1)

不登校の歴史「殴る家族のもとで」

2003年8月、ひきこもり当事者による雑誌『IRIS』の第2号が刊行された。  表紙が、夏空に、すばらしい大輪のひまわりが何輪も咲いている美しいデザインである。創刊号は、あわ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 294号(2010.7.15)

不登校の歴史「ひきこもりは悪であるか?」

ひきこもりは悪か?  ひきこもり当事者による雑誌「イリス」では、さまざまな創作・詩・評論も掲載された。評論では当事者による『「ひきこもり」にはプラス面もある』というタイトル...

  Like   kito-shin  kito-shin from 293号(2010.7.1)

不登校の歴史 第292回

ひきこもり当事者による雑誌『IRIS』の創刊は、03年である。前回に続き、創刊号の座談会を紹介したい。 ■家族に対して思っていることは  「親にしてみれば、とりあえずお...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 292号(2010.6.15)

不登校の歴史「当事者が語るひきこもり」

2003年4月、ひきこもり当事者による雑誌「IRIS」が創刊された。  創刊号の内容は、座談会、当事者手記4本、親の手記、インタビュー(渡辺位さん)、創作、評論、詩、おすす...

  Like   kito-shin  kito-shin from 291号(2010.6.1)

不登校の歴史 第290回

ここに、「ひきこもり当事者による雑誌刊行委員会編」による雑誌『イリス』創刊号がある。2003年SPRINGとあり、サブタイトルに「生きにくさを感じている私たちからあなたへ」と...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 290号(2010.5.15)

不登校の歴史 第289回

2000年を越えるころから、「ひきこもり」が社会の注目を集めるようになった。ひきこもりは、以前は「閉じこもり」といった。90年代に入って、「ひきこもり」と言われるようになるが...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 289号(2010.5.1)

不登校の歴史 「学校復帰へ働きかけよ」

2002年9月に文科省が設置した「不登校問題に関する調査研究協力者会議」は、2003年3月に最終答申が出され、4月から、その答申にそって不登校対策が行なわれることになった。そ...

  Like   kito-shin  kito-shin from 288号(2010.4.15)

不登校の歴史「国の役割は何か」

現在紹介している「今後の不登校への対応の在り方について」は、今号で終了である。最終章は「第8章・国に求められる役割」となっている。そこには、つぎの4点が掲げられている。 1...

  Like   kito-shin  kito-shin from 287号(2010.4.1)

不登校の歴史 第286回

平成15年に文科省から出された「今後の不登校への対応の在り方について」を紹介しているが、第7章は「教育委員会に求められる役割」が述べられている。まず、不登校や長期欠席児童は、...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 286号(2010.3.15)

不登校の歴史 第285回

協力者会議の「今後の不登校への対応の在り方について」の第6章は、「中学校卒業後の課題」となっている。  平成15年3月版の報告は、「自立に向けて」という意識が強い。現在、高...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 285号(2010.3.1)

不登校の歴史「関係機関との連携による取組」

第4章の最後には、「不登校児童生徒の実態に配慮した特色ある教育課程の試み」として、「学習指導要領等の基準によらない教育課程の編成・実施を研究開発校で研究しているが引き続き推進...

  Like   kito-shin  kito-shin from 284号(2010.2.15)

不登校の歴史「学校生活への適応」

現在この連載は、2003年の「不登校問題に関する調査研究協力者会議」の報告書を紹介している。その後からいまにいたる不登校政策は、これに沿って行なわれているからである。  前...

  Like   kito-shin  kito-shin from 283号(2010.2.1)

不登校の歴史 第282回

2010年の幕が明けたが、民主党が政権交代した今、不登校政策はどう変わるのだろうか。いや、変えていけるのだろうか。  登校拒否・不登校の子どもたちが日本で認識され始めて約5...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 282号(2010.1.15)

不登校の歴史 第281回

平成15年(2003年)に出された「不登校問題に関する調査研究協力者会議」報告が、現在の不登校政策の基本となっている。その中味を紹介しているところだが、なかでも、今回紹介する...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 281号(2010.1.1)

第280回 不登校は多様化・複雑化

連載「不登校の歴史」  現在の不登校政策の方針となっている2003年報告「今後の不登校への対応の在り方について」を紹介する。今回は2章「不登校の現状」を取りあげたい。なお、...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 280号(2009.12.15)

第279回 「協力者会議」最終報告は

連載「不登校の歴史」  今回から数回、2002年に設置された「不登校問題に関する調査研究協力者会議」の報告書を紹介したい。タイトルは「今後の不登校への対応の在り方について」...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 279号(2009.12.1)

第278回 「協力者会議」最終報告は

連載「不登校の歴史」  2003年3月、前年から開催されていた「不登校問題に関する調査研究協力者会議」は、「今後の不登校への対応のあり方について」というタイトルで、最終報告...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 278号(2009.11.15)

第277回「調査研究協力者会議の経過」

連載「不登校の歴史」  前号で紹介した、不登校減少モデル校へのヒアリングは、第3回協力者会議で行なわれた。つづく第4回でも、スクールカウンセラーや養護教諭など、学校関係者か...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 277号(2009.11.1)

第276回 不登校減少モデル校とは

連載「不登校の歴史」 「不登校問題に関する調査研究協力者会議」は、02年9月5日を第1回とし、12月までに8回開かれた。  不登校新聞社も、取材が認められ、会議の推移を把...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 276号(2009.10.15)

第275回 市民側、緊急集会 

連載「不登校の歴史」  10年ぶりに招集された文科省招集の「不登校問題に関する調査研究協力者会議」に危機感を持った市民側は、何かできないか、と考え、「不登校政策を考える緊急...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 275号(2009.10.1)

第274回 不登校容認は行き過ぎ?

連載「不登校の歴史」  02年9月6日、朝日新聞社会面に出た見出しに、私たちは釘付けになった。「不登校容認の風潮は行き過ぎ?」と書かれていたのだ。内容は、文部科学省が、13...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 274号(2009.9.15)

第273回 協力者会議招集

連載「不登校の歴史」  ここしばらく医療の状況をアンケート調査より紹介したが、2000年に入って、行政の動向はどんなものだったろうか。  2002年、日本の学校教育は、か...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 273号(2009.9.1)

第272回 4割、医療かかってよかった

連載「不登校の歴史」 今回で、医療アンケートの紹介を終わりたい。さて、これまで、相手の病院や医師について目をむけ、子どもや親がどう感じているか紹介してきたが、今回、子どもと...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 272号(2009.8.15)

第271回 医師への信頼、半数

連載「不登校の歴史」 不登校に関係して医療にかかった場合、医師との関係は、もっとも重要であろう。現在、2001年に行なった調査「不登校と医療」を紹介している。 ■医師への...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 271号(2009.8.1)

第270回 投薬の実態は

連載「不登校の歴史」  前号に続き、投薬の状況を紹介する。 ■薬についての医師の説明  投薬を受けた人に「医師の説明があったか」を聞いたところ「あった」と答えたのは、...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 270号(2009.7.15)

第269回 通院・投薬の状況はどうか

連載「不登校の歴史」  不登校をし、医療機関にかかったことのある人の調査を紹介している。今回は通院経験について質問した回答結果を紹介する。通院経験者はさすがに多く、子どもか...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 269号(2009.7.1)

第268回 「拘束」は親には知らされない?

連載「不登校の歴史」  入院について、もう少し細かい状況を見てみよう。 ■入院についての納得  入院することについて、子どもは納得していたのだろうか。入院した子どもに...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 268号(2009.6.15)

第267回インフォームドコンセント

連載「不登校の歴史」  前回に引き続き「不登校と医療」のアンケート結果を紹介する。 ◎インフォームドコンセントの有無  医療機関でインフォームドコンセント(説明と同意...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 267号(2009.6.1)

第266回 診断名は「不登校」

連載「不登校の歴史」  01年に実施した「不登校と医療」アンケートのうち、受診について、もう少しくわしくみてみよう。 ■受診時の子どもの状態  自由記述で、子どもに「...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 266号(2009.5.15)

第265回 診察の実態は…

連載「不登校の歴史」  「不登校と医療」アンケート(2001年5月~6月実施)では、受診する際、親子の話し合いがあったかを聞いた。「話し合った」という子どもは57・8%、親...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 265号(2009.5.1)

第264回 不登校認識と医療との関わり

2001年、全国調査として取り組んだ「不登校と医療についてのアンケート」。今回は第2章「不登校についての認識」、第3章「医療との関わり」からポイントを紹介する。  第2章「...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 264号(2009.4.15)

第263回 不登校と医療アンケート

連載「不登校の歴史」  前号で述べた、不登校に関係する医療についての疑問から、その実態を調査してみようという気運が盛り上がった。そこで、医療期間を利用している子どもと親にア...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 263号(2009.4.1)

第262号 過剰医療の時代

連載「不登校の歴史」  90年代末から、私たちが過剰医療ではないか、と感じるケースが増えていった。フリースクールに大きな薬袋を持ってくる小学生がいた。親から飲み忘れのないよ...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 262号(2009.3.15)

第261回 「抑圧」へ向かう時代

連載「不登校の歴史」  98年に起きた栃木県の中学生ナイフ刺殺事件。その背景には、登校拒否の児童生徒への問題な対応があり、この対応こそ彼を追いつめた。しかし、この点は、マス...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 261号(2009.3.1)

第260回 不登校と少年事件

連載「不登校の歴史」  佐賀バスジャック事件を起こした少年は、人の命を奪い、傷害を負わせた。重大な犯罪行為を犯したことは許されないし、取り返しのつかないことである。しかも自...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 260号(2009.2.15)

第259回 バスジャック事件はなぜ

連載「不登校の歴史」  2000年5月3日、佐賀駅バスセンターから出発した福岡天神行きの西日本鉄道高速バスを乗っとり、走り続けるバスのなかで3人の女性客を切りつけ、1人死亡...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 259号(2009.2.1)

第258号 佐賀バスジャック事件

連載「不登校の歴史」  IDEC(世界フリースクール大会)の日本開催と、それをきっかけとする「フリースクール全国ネットワーク」の誕生について述べてきたが、以前「後にふれたい...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 258号(2009.1.15)

第257回 フリースクール全国ネットワーク誕生

◎連載「不登校の歴史」  2000年7月、IDEC(世界フリースクール大会)の日本開催は、成功裡に幕を閉じた。多くの人の協力で実現したが、とりわけ東京シューレの子ども・若...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 257号(2009.1.1)

第256回 IDECの多彩なプログラム

連載「不登校の歴史」  2000年のIDEC(世界フリースクール大会)の1週間の全体プログラムは、次のようであった。 ◆IDEC初日・7月9日(日)……基調講演「非暴力と...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 256号(2008.12.15)

第255回 世界のフリースクールで

連載「不登校の歴史」  日本で初開催した第8回IDEC(世界フリースクール大会)は、2000年7月9日、全体会を有楽町マリオンで行なった。各国のフリースクールの子ども・若者が...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 255号(2008.12.1)

第254回 文科省が後援しないわけ

連載「不登校の歴史」  第8回IDECを日本で開催しようと、フリースクールの子どもたちがもり上がっていた99年~2000年にかけて、不登校の状況の一端をあらわす17歳の事件...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 254号(2008.11.15)

第253回 日本でIDEC開催へ

連載「不登校の歴史」  1999年のサマーヒルスクールIDECのなかで、次の年、どこでIDECを開催するかを決めるミーティングがあった。みな、興味津々で臨んでいる。  日...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 253号(2008.11.1)

第252号 海外フリースクールとの交流

連載「不登校の歴史」  前号で、全国ネット夏合宿松江大会で、韓国と日本の不登校の若者どうしのシンポジウムを紹介したが、この世紀末1999年は、日本のフリースクールの子ども・...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 252号(2008.10.15)

第251回 韓国の「辞退生」との交流

連載「不登校の歴史」  99年8月21日、島根県松江市で開催された「登校拒否を考える夏の全国合宿」では、日韓の子ども・若者によるシンポジウムが行なわれた。  韓国でも、不...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 251号(2008.10.1)

第250回 1999年、不登校の状況は

連載「不登校の歴史」  1999年は、流行語大賞トップテンに「学級崩壊」があがるほど、教育界の状況はよくなかった。不登校は増加の一途を辿り、小中学生年間30日以上の欠席者(...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 250号(2008.9.15)

第249号 21世紀を前に生まれた新活動

連載「不登校の歴史」  1999年は、20世紀末であったが、市民活動の関係者にとっては活気づく。それは、前年の98年に、NPO法が成立し、社会によりしっかりと足場を築いて活...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 249号(2008.9.1)

第246回 金属バットと縄跳びのヒモで

連載「不登校の歴史」  96年11月6日、中3の不登校の少年が、父親の金属バットで殺される事件がおこった。父親も母親もその子の家庭内暴力で悩んでいた。  事件のおこる10...

  Like   nakajima_  nakajima_ from 246号(2008.7.15)

【連載】不登校の歴史 「連載を始めるにあたって」

わが家の長男が登校拒否をしたのは一九七八年のころである。転校先の学校に行こうとすると腹痛、頭痛、吐き気をもよおし、休むと元気になり、元気になるから登校を促すと、数日したら、ま...

  Like   koguma  koguma from 創刊号(1998.5.1)

バックナンバー(もっと見る)

451号 2017/2/1

今号より新連載『あのとき、答えられなかった質問』を開始します。本連載では「...

450号 2017/1/15

「ひきこもり女子会」を主宰する林恭子さんは、16歳で不登校をし、27歳でひ...

449号 2017/1/1

取材は、メンバーが「この人に話を聞きたい」という声から始まっている。今年は...