不登校新聞

349号(2012.11.1)

ニート、ひきこもりに23億円

2013年08月12日 11:51 by koguma

早期かつ継続的対応


13年度厚労省概算要求

 厚生労働省は、2013年度の概算要求が30兆266億円(前年比8514億円増)であると発表した。

 子ども・若者に関わる新規事業として「地域若者サポートステーション(サポステ)と学校の連携推進」(16億円)が盛り込まれている。サポステとは、働くことに困難を抱えている15歳から39歳までの子ども・若者を対象に支援を行なう機関で、今年度は全国116カ所に設置されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...