不登校新聞

422号 2015/11/15

仏教でいう愛とは

2015年11月12日 16:36 by kito-shin


かがり火

 今月の初めに浜松市でチャイルドラインと親の会に呼ばれ講演をしてきた。児童精神科医だった渡辺位さんから仏教学者・鈴木大拙の本を紹介されたエピソードから話させてもらった。

 同じ週の朝日新聞の『折々のことば』にも鷲田清一さんが、鈴木大拙の「祓いのけることはしないで、穢れたままで救うこと、これを私は愛と言い、慈悲というのです」という言葉を選んでいた。鈴木大拙は、救われようとすれば傷つきやあがきも、まるごと抱擁することが大切であり、それが仏教でいう愛だと説明している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもに寄りそうために大切なことは 書籍紹介「居場所とスクールソーシャルワーク」

482号 2018/5/15

イギリスでは2万3000千人が利用 海外のホームエデュケーション事情

482号 2018/5/15

西鉄バスジャック事件から18年 少年事件の今に思う

482号 2018/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...