不登校新聞

422号 2015/11/15

仏教でいう愛とは

2015年11月12日 16:36 by kito-shin


かがり火

 今月の初めに浜松市でチャイルドラインと親の会に呼ばれ講演をしてきた。児童精神科医だった渡辺位さんから仏教学者・鈴木大拙の本を紹介されたエピソードから話させてもらった。

 同じ週の朝日新聞の『折々のことば』にも鷲田清一さんが、鈴木大拙の「祓いのけることはしないで、穢れたままで救うこと、これを私は愛と言い、慈悲というのです」という言葉を選んでいた。鈴木大拙は、救われようとすれば傷つきやあがきも、まるごと抱擁することが大切であり、それが仏教でいう愛だと説明している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

492号 2018/10/15

ひといき

492号 2018/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...