不登校新聞

422号 2015/11/15

仏教でいう愛とは

2015年11月12日 16:36 by kito-shin


かがり火

 今月の初めに浜松市でチャイルドラインと親の会に呼ばれ講演をしてきた。児童精神科医だった渡辺位さんから仏教学者・鈴木大拙の本を紹介されたエピソードから話させてもらった。

 同じ週の朝日新聞の『折々のことば』にも鷲田清一さんが、鈴木大拙の「祓いのけることはしないで、穢れたままで救うこと、これを私は愛と言い、慈悲というのです」という言葉を選んでいた。鈴木大拙は、救われようとすれば傷つきやあがきも、まるごと抱擁することが大切であり、それが仏教でいう愛だと説明している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

公的機関における支援 不登校の歴史vol.476

476号 2018/2/15

不登校の人へ春がそこまで来ていることを伝えたい

476号 2018/2/15

今年5月で「不登校新聞」が20周年を迎えるということは【編集後記】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...