センター内の相談室のようす

 11月2日、埼玉県越谷市に「埼玉県ひきこもり相談サポートセンター」が開設しました。「ひきこもりに特化した専門的な相談窓口」として、厚労省が2009年から始めた事業です。各都道府県に加え、政令指定都市のほとんどに設置されています。
 
 センターでは、県内のひきこもっている当事者や親ならびに関係者からの相談に応じています。電話・メール・来所相談のほか、訪問についても相談に応じるとのこと。もちろん、必要な関係機関への紹介もしてくれます。
 

安心できる相談先として

 
 不登校・ひきこもりの相談機関は全国各地にあります。しかし、行政が運営しているところも多く、「親の育て方の問題」「愛情不足が原因」などと言われてしまったという話を今もよく聞きます。困っているから相談に行ったのに、かえって傷つけられるというのは、本末転倒です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。