不登校新聞

422号 2015/11/15

最終回 親は笑ってればヨシ! 田口ランディ

2015年11月12日 18:14 by kito-shin


親は笑っていればヨシ!最終回


 前回もお伝えしたように、わずか5カ月で大学を中退して家に戻って来た18歳の娘は、家で休養し、おいしいご飯を食べているうちにずいぶんふっくらしてきた。いろいろと苦しんで心労だったのだろう。ガリガリに痩せていたが、まるで体調を自覚できないほどにいっぱいいっぱいだった。
 
 本人曰く「学校に行くのがつらい」。課題を強制的にさせられている感じが苦しいという。がんばって適応しようとしたが、まわりの学友ともソリが合わず浮いてしまったらしい。自信喪失し、自分がダメなのだと責めていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

田口ランディ流 怒りの対処法

421号 2015/11/1

漂流少女 田口ランディ

420号 2015/10/15

幸せは、態度で示そう! 田口ランディ

419号 2015/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...