不登校新聞

422号 2015/11/15

不登校直後「人生が終わった」と思った 当事者手記

2015年11月12日 20:09 by kito-shin


 僕は高校1年だった2012年の4月から不登校になり、それ以後約3年間をほとんど家ですごしてきました。不登校になった一番の理由は、人間関係がイヤになったということです。
 
 具体的には、人に気を使いすぎて疲れてしまったり、ストレスからトイレが近くなってしまったりしました。また僕は「嵐」が好きなのですが、「男のくせにジャニーズなんて」とバカにされるのが怖くて言えなくて、同じ趣味をもつ友だちができなかったり、そうした悩みがありました。
 
 いま思えば、だれにでもあるふつうの悩みだったと思います。でも高校1年のときの僕はそれを必要以上に考えすぎてしまったんだと思います。誰かに相談できればよかったのかもしれませんが、それすらもどう思われるかを考えると怖くて、できませんでした。そうしたことが重なり、不登校になりました。
 
 学校に行かなくなってまず思ったのは、「人生が終わった」ということです。そして「死んでゼロから人生をやりなおしたい」と思いました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

姉として何ができる? きょうだいが不登校になったとき【不登校当事者手記】

484号 2018/6/15

学校に行かないってどんなこと?【不登校経験者・親の講演抄録】

484号 2018/6/15

私の生きづらさと孤立感【子ども若者編集部コラム】

484号 2018/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...

483号 2018/6/1

学校で「これがイヤだった」という明確な理由はないんです。ただ、小さな「イヤ...

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...