不登校新聞

422号 2015/11/15

第422号 高校進学の意味

2015年11月12日 19:14 by kito-shin



 東京シューレが、フリースクールでありながら高校の学習センターとなり、王子、新宿、流山の3つの通えるスペースと、全国に点在するホームシューレで高校卒業資格がとれる仕組みをつくって4年目に入った。
 
 1期生のほとんどが2015年3月には高校過程を終えて卒業していった。「フリースクールコース」からは4人、「ホームシューレコース」からは6人。ゆっくりやりたい子はムリせず4年~5年かけて卒業するという。3年分の授業料を払えば、4年目以降の授業料はかからないし、学割も適用される、ということも考えての子もいる。
 
 学習センターを始める前は、フリースクールに通う子よりもホームシューレコースの子のほうが心配だった。フリースクールに通う子は、勉強につまづいたら、直接スタッフに聞くことができ、講座に出てサポートを受けることができるからだ。しかし始めて3年、そうではなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

遠藤まめたのエッセイ「するっと道が開けるとき」

486号 2018/7/15

法案つくるも議連なし 不登校の歴史vol.486

486号 2018/7/15

かがり火

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...