不登校新聞

209号 2007/1/1

自己責任より共生を

2015年11月19日 14:27 by kito-shin



 小泉政権の構造改革や小さな政府路線で、弱者に冷たい競争社会になるのではないかと危惧していましたが現実化されてきています。2006年に改正された障害者自立支援法や医療制度改革関連法の改正など、小泉政権下で制定されたあらゆる法律が弱者や個人に負担を強いて、庶民の生活を苦しめています。
 
 そして、奈良県少年補導条例の制定、教育基本法の改悪がありました。今後は共謀罪の制定、憲法改正の動きにまで、つながっていくでしょう。大きく国全体が右旋回してきていることに非常に危機感を感じます。親の会やフリースペースをやっていて、子どもも親も本当に学校という場や周囲の眼に苦しめられ、社会に生きづらさを抱えた若い人が増えていることを感じます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

546号 2021/1/15

森の喫茶店 第546号

546号 2021/1/15

ひといき

545号 2021/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...