不登校新聞

209号 2007/1/1

フリースクール通信 つくっている子どもたちの声

2015年11月19日 15:30 by kito-shin


体当たり企画をしたい


 「シューレ通信」の発行作業に関わって、今年で6年目になります。東京シューレに来た最初のころから、友だちに誘われて、それからずっとやってます。
 
 最初にやった特集が「素朴な疑問100(未満)」でしたね。シューレ通信はだいたい80ページからできていて、できあがると冊子になるんですよね。「かたちになる」というところがおもしろくて、いままで続けてこられたのかなと思います。学校でも学級新聞や通信のようなものはつくりますが、そこまでしっかりしたものはつくらないですよね。そうした経験ができるところに通信を発行することの醍醐味があるかなって思う。でも、そのぶん、大変なことも多くて、原稿を集めるだけでも大変なんです。まぁ催促するわりには、じつは私も原稿が遅いんですけど(笑)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

546号 2021/1/15

森の喫茶店 第546号

546号 2021/1/15

ひといき

545号 2021/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...