不登校新聞

209号 2007/1/1

子どもの権利が視野にない 教育改革への提言

2015年11月20日 17:24 by kito-shin

インタビューに答えて頂いた保坂展人さん(社会民主党・衆議院議員)


――現在の教育改革の流れをどのように見られていますか?
 小泉政権が靖国問題、郵政民営化問題などを政治上の「商品」として打ち出したように、安倍政権では、教育問題を「商品」として打ち出してきました。
 
 いまの教育改革を押し進める流れはいくつかあります。一つには文科省や中教審を軸にした緩慢な流れです。もう一つは、とにかく「教育が大事だ」とアピールする安倍政権がつくりだした流れです。06年10月、諮問機関「教育再生会議」が生まれました。教育再生会議のメンバーは、大きく二つの主義に分かれていると言えます。新自由主義の人たちと保守主義の人たちです。この二つの主義が、いま教育を急速に変えようとする流れをつくりだしています。ただし、二つの主義は似て非なる部分があり、各論においては衝突することも多いでしょう。実際に、いじめた子に対する出席停止の議論では、意見が割れていました。

――新自由主義と保守主義はどんな意見のちがいがあるのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

嫌なことはしないで生きる「レンタルなんもしない人」の覚悟

524号 2020/2/15

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。