不登校新聞

209号 2007/1/1

子どもの権利が視野にない 教育改革への提言

2015年11月20日 17:24 by kito-shin

インタビューに答えて頂いた保坂展人さん(社会民主党・衆議院議員)


――現在の教育改革の流れをどのように見られていますか?
 小泉政権が靖国問題、郵政民営化問題などを政治上の「商品」として打ち出したように、安倍政権では、教育問題を「商品」として打ち出してきました。
 
 いまの教育改革を押し進める流れはいくつかあります。一つには文科省や中教審を軸にした緩慢な流れです。もう一つは、とにかく「教育が大事だ」とアピールする安倍政権がつくりだした流れです。06年10月、諮問機関「教育再生会議」が生まれました。教育再生会議のメンバーは、大きく二つの主義に分かれていると言えます。新自由主義の人たちと保守主義の人たちです。この二つの主義が、いま教育を急速に変えようとする流れをつくりだしています。ただし、二つの主義は似て非なる部分があり、各論においては衝突することも多いでしょう。実際に、いじめた子に対する出席停止の議論では、意見が割れていました。

――新自由主義と保守主義はどんな意見のちがいがあるのでしょうか?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校時の趣味を仕事にした漫画家が描く「僕の不登校その後」

552号 2021/4/15

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...