不登校新聞

209号 2007/1/1

かがり火 森英俊

2015年11月20日 17:14 by kito-shin



 新しい年を迎える。つらいことをけっして記憶から消すことなく明日へのステップになるよう活かしていきたい。12月の教育基本法「改正」のできごとは、この国の暴挙として忘れないでおこう。憲法や子どもの権利条約との関連性の審議もされないまま、教育の主権者が国民から時の政府に変わってしまった。

 教育基本法は教育の憲法と言われてきた。教育に政治や行政の不当な圧力がかからないよう一定の抑止力にもなっていた。それが国家の思惑で国の方針に適合した都合のいい人間になるよう方向づけられてしまう。抵抗する人間は排除され、評価が下がってますます生きにくい社会になるであろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。