不登校新聞

323号(2011.10.1)

【公開】私にとって不登校とは「防衛本能」

2013年12月20日 11:57 by kito-shin



僕にとって不登校は、「防衛すること」だった。一番にいじめっ子から、次に病気から、そして価値観から。

「バカって言うと、バカって言う」。ウソである。「バカ」って言われた。ただ本当にそれだけだった。僕は、一人の粗暴な同級生に悪意で持って「バカ」と言われた。それだけで心が折れた。僕はすぐにようすがおかしくなり、親は心配しだした。僕はたちまち体調を崩し、盲腸炎で入院した。気も弱かったが体はもっと弱かった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...