不登校新聞

423号 2015/12/1

“知っておきたい障害年金” 書籍紹介

2015年11月27日 12:23 by koguma



 今回ご紹介する本のテーマはずばり「障害年金」。「仕組みがややこしそう」「書類の準備とか難しそう」など、あれこれ考えているうちに何となく敬遠してしまう方もいるかと思いますが、じつにもったいないです。利用しなくちゃダメだという意味ではありません。まず大事なことは「障害年金」について知っているということ。知ってさえいれば、その後の選択肢が広がっていくわけです。
 
 「障害年金」は交通事故でのケガやガンなど、身体の傷病にかぎらず、統合失調症やうつ病、発達障害などを抱える人も対象となります。ただ、その名前から本人やご家族としても抵抗を感じることもあるかと思います。
 
 この点について「積極的に社会保障を受けるべきだ」と一刀両断するのが、ひきこもり名人の勝山実さんです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...