7か月ぶりに開か刈れた「フリースクール等検討会議」

 2015年11月19日、第5回「フリースクール等に関する検討会議」が開催された。検討会議が開かれたのは7カ月ぶり。前回からあいだが開いたことについては「多様な教育機会確保法案」の国会上程をめぐって中断していたと見る向きもあったが、中断理由について文科省から正式なコメントは出されなかった。今後、検討会議は、月1回のペースで開催され、2016年度中に最終まとめを発表する見通し。当初の予定より1年遅れての報告となる。

 この日の検討会議では、不登校政策全般を検討している「不登校に関する調査研究協力者会議」の中間まとめ(下記参照)、フリースクール等の実態調査の報告がなされた。議題として挙がったのは「フリースクールと行政機関の連携」について。行政との連携メリットや課題については、フリースクール等4団体が報告。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。