不登校新聞

423号 2015/12/1

フリースクール等検討会議 7か月ぶりに再開、最終まとめは2016年春に

2015年11月27日 14:38 by kito-shin
2015年11月27日 14:38 by kito-shin

7か月ぶりに開か刈れた「フリースクール等検討会議」

 2015年11月19日、第5回「フリースクール等に関する検討会議」が開催された。検討会議が開かれたのは7カ月ぶり。前回からあいだが開いたことについては「多様な教育機会確保法案」の国会上程をめぐって中断していたと見る向きもあったが、中断理由について文科省から正式なコメントは出されなかった。今後、検討会議は、月1回のペースで開催され、2016年度中に最終まとめを発表する見通し。当初の予定より1年遅れての報告となる。

 この日の検討会議では、不登校政策全般を検討している「不登校に関する調査研究協力者会議」の中間まとめ(下記参照)、フリースクール等の実態調査の報告がなされた。議題として挙がったのは「フリースクールと行政機関の連携」について。行政との連携メリットや課題については、フリースクール等4団体が報告。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育機会確保法の現在地、学校外の居場所で起きている変化

534号 2020/7/15

フリースクールの適正評価とは、東京学芸大学研究班が示した提言

527号 2020/4/1

「多様法のこれから」を議論 不登校の歴史vol.511

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…