不登校新聞

351号(2012.12.1)

不登校の歴史 第351回

2013年08月07日 16:01 by koguma


 2008年2月に、「登校拒否を考える全国ネットワーク」がNPO化したことから書き始めたが、この年はどんな一年だったのだろうか。

 世界的に言えば、サブプライムローンに端を発したアメリカの金融危機が拡がり、ゼネラルモータース・フォード・クライスラーなどの超大物企業が破たんしていった。

 日本への影響も深刻で、100年に一度と言われるほどの大不況を迎え、就労構造も非正規雇用の増大、派遣切り、就職内定取り消しの続出、トヨタなどの大企業によるリストラなど、不安定さと格差が拡がっていった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...