かがり火

 2015年11月5日、東京都世田谷区が同性婚に対し「パートナーシップ証明書を発行した」とのニュースがあった。まだ法律が変わったわけではないので、証明書には法的拘束力はないものの、性の多様性が認められた社会的意義は大きい。

 これまで「家族ではない」との理由から、病院での面会を断られる、不動産を借りられないといったケースがあったが、これら一部が認められた。また携帯電話の「家族割引」も適用されるのだという。

 一般的に異性愛が「ふつう」で、同性愛は「異常」とされがちであった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。